スポンサーリンク

キングダム597話「武運を」ネタバレあらすじや感想は?藺相如の顔が明らかに!

キングダム

この記事では、マンガ『キングダム』の597話ネタバレあらすじについて記載していきます。

先週の596話で飛信隊がついに趙我龍を追い詰めるところまで行きましたね。

既に無茶な戦いを繰り返し、満身創痍の飛信隊ですが、趙我龍を相手にどのように戦うのか。

この朱海平原の戦いも終盤に差し掛かっています。

詳しく見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

キングダム597話「武運を」ネタバレあらすじや感想は?藺相如の顔が明らかに!

かつて趙国三大天・藺相如が”中華”について、

その愛弟子二人に遺した言葉とは…?

今は亡き秦六将と趙三大天。

互いに最盛期と言える時代に、二人は何を語ったのか….?

回想

「話…?中華についての?」

「そうだ」

既に病に侵されている藺相如(りんしょうじょ)は趙我龍と尭雲を相手に語る。

「2人とも覚えているか。ある戦の中で、ただ一度、敵とそんな話をした」

「そうだ、相手は、まさにあの王騎だ。」

 

 

 

 

藺相如軍VS王騎軍

川をまたぎ、向こう側に藺相如軍。そして、こちら側に王騎(おうき)軍が立ち尽くす。

録鳴未(ろくおみ)が叫ぶ。

「最後にこんな小さな川に命を救われて運が良かったな!三大天!」

「運なわけなかろうが馬鹿者め。主君が我々をこの場所へ導いたのだ」

録鳴未と趙我龍が言い争う。

そこへ、藺相如が現れる。

「会いたかったぞ。会ってお前の顔を見たかった。秦の六将、王騎」

「ココココ、遠慮せずにもっと近くで見てもいいのですがねぇ?」

「考えていた通り、やはりお前たちは良くも悪くも本当に『純粋』だ」

その言葉に王騎は首をかしげる。

「しかし仕方ないな。お前たちの純粋さは。お前らの王のせいだ。子供のような目をして中華をやたらに攻撃することを『前進』としているんだろ?」

「てめぇ!何も知らないくせに我らの王を論ずるな!殺すぞ!」

「いや、藺相如は二度ほど王に直接会ってるぞ。」

「その純粋さがお前たちをここまで強くしているのは間違いない。しかしそれだけでは届かない。届かないということは、その瞬間はないという意味だ。やはり中華はまだ、熟していなかったのだな」

この一言に王騎の兵が我慢ならず、槍を投げ放つーー

しかし、藺相如の眼前で尭雲によって弾かれる。

また同時に、尭雲も槍を投げ返す。

それを、王騎の眼前で副将の騰(とう)が防ぐ。

互いの槍が弾かれ、耳障りの悪い音と共に地面に突き刺さる。

録鳴未が続けて雄叫びを上げようとするが、それを王騎が黙らせる。

 

「しかし、我々がしていることに意味がないというわけではない。反対に我らにとっても重要な役割がある」

「中華を熟させる役割だとでも?」

「その通りだ。人は心をつなげていく生き物だ。苦痛も、悲しみも、喜びも、私たちは絶えず、繋げて生きている。」

「一体あなたは何の話をしているのでしょうか」

「貴君も今は分かっているはずだ。既にずいぶんと昔から、絶えず、中華はその日が来るのを待っているのだと」

 

ここで、王騎軍の援軍が到着する。

ここで藺相如は退散する

「王騎よ。武運を祈れ。私も祈るぞ。」

「コココ、いったい誰の武運を?」

「ふぅ、そうだな、誰だろうな。」

 

 

 

 

対峙

朱海平原。趙我龍は信を前にして思い出していた

藺相如は話す。

「中華は…ゴホゴホ」

「戦争に嫌気がさした中華はひとつになりたいと思っている。しかしそれは実際には簡単なことではないだろう」

「いつか時が熟した瞬間が来るだろうが、万が一そこで失敗したら、中華は未来永劫に分裂した状態で、永遠に戦い続けることになるのかもしれぬ」

「願わくば中華をひとつに,,,,そしてそれを趙の手で叶えたいが、その剣は他の国の手にあるのかもしれん」

「尭雲、趙我龍、伝えておきたいことが二つある。」

「その剣を手にした敵に会った時は何をかけてもそいつを殺せ。わかっているか。その時我々が背負った全てぶつけて、そいつを打ち倒せ」

趙我龍の鉾が、信を吹き飛ばすーー、

が、

続く二撃目は信が王騎の鉾で受け止める。

主の遺言を力に変えて鉾を握る趙我龍。

信はその重みを跳ね返せるかーー!?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

キングダム597話の感想。

今回の話で真っ先に注目したのは、藺相如の顔が明らかになったこと。

そして、以前の話に顔が少しだけ出てきたけど、その時よりも若返っているような気がするのは気のせいかな…?

藺相如の顔の印象ははっきり言って、

秦の大王「政」と昌平君を足して2で割ったような顔ですねw

どっちかというと、政の大人版だと思います。

あれで甲冑とかキラキラさせたらもう政ですよ。ほんとに。

カッコイイのはいいけど、もう少しキャラクターの個性出して欲しかったなー!

もはや政は藺相如の子供なのでは?とも思ってしまいます。

 

話の内容としては、なんとなく予想通り。

久々に王騎が出てきたのは、ちょっとドキッとしましたね。

ちょっとそろそろ信が勝つときは、一騎打ちは止めてほしいような気もします。

一騎打ちで勝利する時はスカッとするんですが、もうちょっと他にも勝ち方があるのでは??と。

黒羊丘の時のVS慶舎(がくえい)や、朱海平原でのVS岳嬰(がくえい)の時も一騎打ちでした。

うーん、実際将同士が一騎打ちすることってそう無いと思うんだけどな。

 

趙我龍の咆哮の姿にはちょっと驚きましたね。

冷静沈着に戦うタイプかと思いきや、めっちゃ叫んでる。

 

 

 

 

スポンサーリンク

キングダム598話の予想

598話はおそらく定石では、信と趙我龍の決着がつくかと思われます。

そこまで長引かせても仕方がないので、おそらく1話で決着がつくでしょう。

ここまできて、尭雲がやってきて助けるパターンも無くは無いですが、こうなったらできれば気持ちよく勝ってほしいですね。

そろそろ右翼の戦いは終わらせてほしい、、、

そして、中央軍の戦いを始まらせてほしい。。

もう最終日やで,,,

この感じは王翦(おうせん)と李牧(りぼく)の戦いは無い気がしますね、、、

1日で決着付けられないでしょうしね。

 

  1. […] […]