ブログを始めてみたい!そんな方はこちら!

キングダム598話「紡ぐ者」ネタバレあらすじや感想は?趙我龍がわざと負けた?

キングダム

この記事では、マンガ『キングダム』の598話ネタバレあらすじについて記載していきます。

先週の597話で趙我龍と藺相如の過去が明らかになりました。

信と趙我龍の一騎打ちも始まり、ようやくこの戦いにも終止符が打たれようとしています。

既に無茶な戦いを繰り返し、満身創痍の飛信隊ですが、趙我龍を相手にどのように戦うのか。

詳しく見ていきたいと思います!

キングダム597話「武運を」ネタバレあらすじや感想は?藺相如の顔が明らかに!
この記事では、マンガ『キングダム』の597話ネタバレあらすじについて記載していきます。 先週の596話で飛信隊がついに趙我龍を追い詰めるところまで行きましたね。 既に無茶な戦いを繰り返し、満身創痍の飛信隊ですが、趙我龍を相手にど...
スポンサーリンク

キングダム598話「紡ぐ者」ネタバレあらすじや感想は?趙我龍がわざと負けた理由が

朱海平原14日目。

秦軍右翼の勝利をたぐりよせるべく、趙我龍に迫る信だが,,,?

亜光軍VS馬南慈軍

馬南慈(ばなんじ)の鉾が猛威を振るう。

将・亜光不在の今、亜光兵を次々と薙ぎ払っていく馬南慈。

そこに急襲する亜花錦(あかきん)。

亜花錦の作戦としては、簡単に言えばヒットアンドアウェイ。

自らの兵が削られども、隙をついて攻撃し、あとは逃げる。

その”誘い”に乗った敵対を自分の狩場に誘い込み、せん滅する作戦だ。

だが馬南慈は冷静だった。

馬南慈の狙いは亜光兵の数を減らして、楽になったところで自ら、飛信隊を相手に苦戦している趙我龍を救出すること。

さらには信の首まで狙おうとしている。

これを抑えるために、亜花錦はしつこく馬南慈の周りで”つつき”を繰り返し、挑発をしているのだ。

だが、亜花錦もそろそろ限界が近づいていることに気づいていた。

もし、この状況で馬南慈が飛信隊への攻撃に参加した場合はひとたまりもない、、、

 

 

玉鳳隊VS尭雲軍

ここでも主力を失った玉鳳隊は苦戦していた。

守り切れず、尭雲軍の何騎かを突破させてしまう。

『まっまだた!総崩れにだけはなるな!』

『少しでも刻をっ….一人でも多くの敵の足を止めるのだっ!』

信が趙我龍を討つことに一縷の望みを託し、復調の番陽は隊を鼓舞する。

 

一方で、飛信隊本陣も焦りを隠せない。

前線が相当に押し込んでおり、敵将の首が目の前であるとはいえ、本陣も狙われていることは間違いない。

河了貂(かりょうてん)は最悪の場合、本陣も捨てる覚悟だ。

焦燥感が漂う。

 

信VS趙我龍

隊長自ら鉾をふるい、討ち取ってくる将のイメージが趙我龍にはなかったのだろう。

そのため、趙我龍兵も将が一騎打ちをする姿に驚き、一刻も早く救出しようとする。

羌瘣が趙我龍兵の援軍を阻しようと止めるが、羌瘣もダメージが大きい。

趙我龍兵によって馬上から叩き落とされる。

頼みの綱である信は趙我龍の鉾に防戦一方。

趙我龍の鉾は”速さ”ではなく”力”。

その力の理由は、

『思いを紡いでいくのが”人”』だとする、

そのため、趙我龍の双肩には先に逝った八将と藺相如の思いが宿っていると。

趙我龍が鉾を振るうたびに信が吹き飛ばされる。

おそらく、意識を保つだけでも精一杯の状況だろう。

手綱を引き、信は体制を整える。

これだけ吹き飛ばしたのにも倒れないことに趙我流も驚かずにいられなかった。

『だったら、あいつも負けない。』

羌瘣が呟く。

『あいつも全員の思いを余さず紡いでる』

そこに映るのは漂、尾到、そして今回倒れた松左。

また、これまで倒してきた強敵・仲間、そしてーー。

王騎。

 

信が鉾を振りかざすと、趙我龍は思わず王騎の姿を重ね合わせた。

趙我龍が初めて血を流す。

 

尭雲は天幕の近くで、雲行きの怪しい空を見上げている。

この先の運命を案じたのか…

 

信は満身創痍。

身体も小刻みに震えるほどのダメージ。

趙我龍も息が上がる。

『俺は、、負けねぇ、俺は砕けねぇ、俺は、、、』

『中華を統一する王、嬴政の金剛の剣だ!』

信の言葉は虚言ではない。

 

“中華統一”、その言葉に趙我龍は藺相如の言葉を思い出す。

“中華は一つになりたがっている”

藺相如は趙我龍に二つの言葉を伝えた。

“伝えておきたいことが2つある”

しかし、その言葉を噛みしめる間もなく

『俺は、天下の大将軍になる男だっ!!』

信の鉾は趙我龍に深く突き刺さるーー。

 

 

 

スポンサーリンク

キングダム598話「紡ぐ者」感想!

おそらく、来週号もしくは尭雲との闘いの時に語られるかと思いますが、藺相如が趙我龍に与えた”2つのこと”が気になりますね。

藺相如は天下統一の夢を持っており、しかしその病にて自らの命がわずかと知り、受け継いでほしい思いを二人に託したのでしょう。

にしても、今回はどうしてもVS慶舎の戦いを思い出してしまいますね。

展開が似てしまって、うーーん、と思ってしまいます。

追い詰められて、飛信隊と乱戦になり、時との闘い。

そのうえ、軍師キャラであった敵将が鉾を交えたときは実は強い。という流れ。

まぁ面白いんだけどね、、その時だけ強くなるのはこう何回もあるとちょっと前のストーリーをチラつかせます。

尭雲も負傷しているというところまで一緒なのも、、

最後の趙我龍に突き刺さるとき信の鉾。

あの時、趙我龍は過去の藺相如の言葉を思い出し、わざと負けた可能性もあるかなと思います。

趙我龍自身が何か役目を終えたことを悟り、次の世代に伝えていくために…

最後の見開いた眼が意味していることが気になります。

 

今後の展開として嫌なパターンは、尭雲の兵が玉鳳隊を抜いていましたよね。

このことから趙我龍側に援軍が駆け付けるのではないかと。

その場合、脱出が忙しくなる流れになるかと思いますが、このあたりはササっと終わらせてほしいところ。

どうしても、中央軍の動きが気になるww

キングダム597話「武運を」ネタバレあらすじや感想は?藺相如の顔が明らかに!
この記事では、マンガ『キングダム』の597話ネタバレあらすじについて記載していきます。 先週の596話で飛信隊がついに趙我龍を追い詰めるところまで行きましたね。 既に無茶な戦いを繰り返し、満身創痍の飛信隊ですが、趙我龍を相手にど...
ブログで稼いでみたい人へ

なぜこんなブログを書いているの?

答えは単純に「稼げるから」です。

1日たった数時間、ブログに今日のニュースや出来事を記録するだけで月に10万円以上の金額が私の口座に入ってきます。

このブログに少しでも興味を持ってもらえたなら、私のLINE@に登録してみてください。
ちょっとだけブログの秘密について教えますよ。

キングダム
スポンサーリンク
ROZEO-NEWS.com