三宅裕司 骨折の真相がヤバい!完治まで2、3カ月?

ニュース

三宅裕司 骨折が注目されています。

タレントの三宅裕司さんがスキー滑走中の転倒により左大腿骨転子部を骨折し、

全治2~3カ月のケガをしていたことが6日、分かりました。

スポンサーリンク

三宅裕司 骨折の真相がヤバい!完治まで2、3カ月?

怪我については三宅裕司さんが座長を務める劇団の

スーパー・エキセントリック・シアター」公式ページで発表されました。

「すでに手術を終え、完治まで2、3カ月という診断を受けておりますが、怪我の影響がない仕事については、医師の指示のもと、できる限り行って参ります。また、既に収録済みの番組に関しては予定通り放送致します」

と説明。復帰に向けて、

「一日も早く元気な姿を皆様にお見せ出来るよう、努力致します」

と綴られました。

関係者によると、三宅さんは1月3日に休養中に訪ねていた

長野県諏訪市で転倒し、4日に現地の病院で手術を受けたそうです。

医師からは2週間程度で退院予定と告げられたそう。

三宅さんは67歳ということもあり、完治まで2、3ヶ月という月日に

しっかり癒えるのかととても心配になってしまいますね。

スポンサーリンク

三宅裕司 骨折の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

発表によると「スキー滑走中に転倒し、左大腿骨転子部を骨折する怪我を負いました」とのことで「すでに手術を終え、完治まで2、3ヶ月という診断を受けておりますが、怪我の影響がない仕事については、医師の指示のもと、できる限り行って参ります」と明かした。

復帰に向けては「一日も早く元気な姿を皆様にお見せ出来るよう、努力致します。今後の活動につきましては詳細が決まり次第、オフィシャルサイト等で発表させて頂きます」としている。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

三宅さんが骨折されたということにSNSでは、

三宅さんを心配される方やしばらく三宅さんのお姿が見れないことを

悲しんでおられる方が多くいらっしゃるようです。

大変かとは思いますが、復帰に向けて頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク

三宅裕司 骨折にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●年齢的に骨折をすると完治するまでの期間が長期化するリスクもあるし加えてリハビリも大変かと思います。
これからしばらく大変ですね。
焦らずにまずは回復に努めてください。
お大事に。

●俳優としては休養でも舞台演出や脚本書きなど結構忙しく仕事をされるんでしょうね。

 

●スキー用具は今は安全性が高まり不通に滑っていて怪我をすることはあまりないが、年齢もあって大事になったのか。私もスキー歴50年。けがはしたことがないが、このところ斜面が怖くなることがある。これまで通りの滑り方に体がついて行かない。他山の石として気を付けたい。

 

●67という年齢を考えた方がいい。もう立派なおじいちゃんなんだから。若いうちなら回復力も早くスキーで骨折しましたで済むが、その年齢で大腿骨転子部にボルトが入るか事で様々な影響で動くのがおっくうになり一気に衰えていく可能性もある。近頃自分がいつまでも若いつもりで年寄りである事を自覚してない者が多い。高齢ドライバー問題もしかり。気持ちを若く保つ事は大事だが、65過ぎたらもう立派な老人である事を自覚し、ウォーキングや軽い山登り、水泳などすれば良い。周りの人の迷惑も考え、まだまだなどと過信し、いきがるべきではない。

 

●スキーはスピードを出さなければ大抵は安全に転ぶことができるが、逆エッジとか変な転び方になると腕や足が捻られたような態勢になるから危ない。重傷は無いものの長期間運動できなくなるような痛め方を何度もした。
以前は一人でも仕事後にナイターに行ったりしていたが、リスクを考えてやめてしまった。他の運動のほうがリスクが少なくて、時間も少なくて満足できる。スキーはリフトに乗っている時間が長いから、正味の運動量が少ないから満足するには1日中やるから時間もかかる。

 

●サンデーヒットパラダイスでは電話出演でしたが、やっぱり三宅さんでないと番組イマイチ。
ご回復をお祈りします。
高年齢者の激しい運動は怪我と紙一重。
生活に余裕のない高齢者の自分は、健康のために大怪我して生活に支障がでると大変です。
走るより歩くで十分です。

 

●67歳でも、若い頃と同じ感覚で滑るんだよね、、。
自分もスノボで事故寸前の転倒経験有り。
気を付けましょう。

 

●35の時、Gacktさんを見習って(別に特別ファンではない)ボードをまた本格的に再開させようとしたけど、年齢ずれ込んでるので、私も気を付けたい!
怪我が治るもので良かった。リハビリ頑張って欲しい。いくら2、3ヶ月とはいえ、年齢考えるとリハビリ次第で色々変わる時もあるから。
ただ好きなことはいくつになってもやっていいと思う。スポーツに怪我はつきものだと思うから。

スポンサーリンク

おわりに

スキーで転倒した際に左大腿骨を骨折してしまった三宅裕司さん。

年齢のこともあり、リハビリなど完治に向けては肉体的にも精神的にも

苦痛が伴うものとなってしまうかもしれません。

三宅さんにはゆっくりと焦らず、

また元気なお姿が見れるよう努めてほしいですね。