川木綿子 顔画像や動機は?父親を暴行した疑いで娘を逮捕

ニュース

6日朝、神奈川県平塚市の住宅で父親に暴行を加えたとして、

35歳の無職の娘が逮捕されました。父親はその後、死亡しました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、

平塚市田村の無職・川木綿子容疑者(35)です。

川木綿子容疑者は5日午後4時ごろ、自宅で同居する父親で

無職の川秀夫さん(68)とけんかになり、

殴る蹴るなどの暴行を加えた疑いがもたれています。

スポンサーリンク

川木綿子 顔画像や動機は?父親を暴行した疑いで娘を逮捕

報道されている情報から、簡単に川木綿子容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:川木綿子
  • 年齢:35歳
  • 住所:平塚市田村
  • 職業:無職

川木綿子容疑者の画像は現在公開されていません。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

川木綿子容疑者は秀夫さんと2人暮らし。

秀夫さんが意識を失ったことから川容疑者が119番通報し、

秀夫さんは病院に運ばれましたが、およそ1時間後に死亡が確認されました。

川木綿子容疑者は「父親の年金に頼る生活で、お金の無心からけんかになった」

と容疑を認めているということで、父親の年金で2人共に生活。

川木綿子容疑者は無職ということもあり、娘のことを心配した秀夫さんは

そのことを厳しく指摘されたのかもしれません。

金銭トラブルから喧嘩へ、そして事件へ至ったと考えられます。

スポンサーリンク

川木綿子 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

傷害の疑いで逮捕されたのは、平塚市田村の無職・川木綿子容疑者(35)です。

川容疑者は5日午後4時ごろ、自宅で同居する父親で無職の川秀夫さん(68)とけんかになり、殴る蹴るなどの暴行を加えた疑いがもたれています。

秀夫さんが意識を失ったことから川容疑者が119番通報し、秀夫さんは病院に運ばれましたが、およそ1時間後に死亡が確認されました。

川容疑者は秀夫さんと2人暮らしで、警察の調べに対し「父親の年金に頼る生活で、お金の無心からけんかになった」と容疑を認めているということです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

川木綿子 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

神奈川県平塚市の住宅です。

スポンサーリンク

川木綿子 逮捕の事件について

父親を暴行した疑いで逮捕された川木綿子容疑者。

亡くなってしまった秀夫さんは実の娘にまさか、暴行、

そして殺害されるなど思ってもみなかったことでしょう。

秀夫さんのことを考えると無念でなりません。

1人となってしまった川木綿子容疑者はこれからどうなるのでしょうか、

しっかりと罪と向き合い、償ってほしいですね。

そしてこのような悲しい事件が今後起こらないことを願うばかりです。

スポンサーリンク

川木綿子 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●父親の年金に頼る35歳無職娘。

追い出したくても出てかないだろうし、
無理やり追い出して犯罪起こされると親も責められるし、
親になるのも辛いな。

成人するまでの間、一定の水準の子育てしたなら、
成人後の子供の行動で親の責任は問わないで欲しいな〜。

 

●結構30代から40代で引きこもりの人多いです。
すぐ近所の人は男性だけど、外出した所見たことないし、
ご両親が亡くなったら、食べていけないのでは…

父親も娘の将来が心配で厳しいこと言ったんじゃないですかね。

 

●日頃から父親の年金を当てに生活していたならなおさら、唯一自分の生命線の父親を殺しちゃったら生きていけないっていう、そんな根本的なことさえ、分からなくなってるんだな。
殺していなくなる以前に、父親のほうが先に寿命が尽きるから、どのみち自活の道に踏み出さなきゃ生きていけないってことも、考えない。こんな人間が、社会のセーフティーネットで寿命を全うできちゃって、真面目な人間が損する日本は、決して良い国ではないと思う。

 

●父親も娘に殺されるなんて思ってもなかったろうな。殺される為に養ってきた見返りがこれじゃやりきれない。

 

●親の年金は親の金。使い方は親次第。
ただし、その親が変なお金の使い方を
していたのならば注意したほうがいい。

ケンカに至った経緯はわからない
(金の無心だけではまだなんとも)が、
35歳で無職ではやっぱり娘の方に
問題があったと思えてしまう。

やっぱり自分が使うお金ぐらいは
自分で稼がないと。
逆に親を養っていくぐらいじゃないと
家計は苦しいままだよ。

 

●35年、産まれた時は嬉しかったんだろうな、バージンロード想像したんだろうな、

 

●亡くなられたお父さんは、気が優しくて体格も大柄ではなかったのでしょうかね。
年齢差があるとはいえ、女が男を殴り蹴り続けて死に至らしめるなんて想像しがたいです。

 

●幼い頃に大きかった父の姿は、老齢になると誰でも小さく感じるのではないでしょうか。
それを世の理で仕方ないと思いつつも寂しく感じていると思います。
頑固になって頭にくることはあっても暴力を振るおうとは思わないです。