西本和久 顔画像や動機は?「停職中」に飲酒運転で貝塚市役所の職員逮捕

ニュース

酒を飲んで車を運転したとして、大阪府警岸和田署は6日、

道交法違反(酒気帯び運転)などの疑いで、

同府貝塚市職員の西本和久容疑者(44)を現行犯逮捕しました。

逮捕容疑は6日午後2時35分ごろ、岸和田市上町の市道で、

酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転したとしています。

スポンサーリンク

西本和久 顔画像や動機は?「停職中」に飲酒運転で貝塚市役所の職員逮捕

報道されている情報から、簡単に西本和久容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:西本和久
  • 年齢:44歳
  • 住所:大阪府岸和田市南上町
  • 職業:大阪府貝塚市職員

西本和久容疑者の画像は現在公開されていません。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

署員が交通違反の取り締まり中、運転中に携帯電話を使用している

西本容疑者を発見。呼気から基準値を超えるアルコールが検出されました。

西本容疑者は昨年10月にも飲酒運転で現行犯逮捕され、

同12月に停職6月の懲戒処分を受けており、反省の色がみられません。

運転中に携帯電話を使用、再度飲酒運転で逮捕されたということもあり、

車を運転する者としてのモラルが欠けている、

アルコール依存症なのではという疑念も抱きます。

スポンサーリンク

西本和久 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

大阪府貝塚市の職員の男が、車を酒気帯び運転したとして現行犯逮捕されました。男は去年10月にも酒気帯び運転の疑いで逮捕され、6か月間の停職中でした。

酒気帯び運転などの疑いで現行犯逮捕されたのは、貝塚市農業委員会事務局の主幹・西本和久容疑者(44)です。

警察によりますと、6日午後2時半ごろ、岸和田市内の市道で取り締まりをしていた警察官が、携帯電話で通話しながら運転する西本容疑者を発見。車を止めて話を聞いたところ酒のにおいがしたため、呼気を調べた結果、基準値を超えるアルコールが検出されたということで、西本容疑者は容疑を認めているということです。


貝塚市によりますと、西本容疑者は去年10月にも酒気帯び運転の疑いで逮捕され、釈放後の先月、市から停職6か月の処分を受けたばかりだということで、藤原市長は「厳正に対処します」とコメントしています。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

西本和久 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

岸和田市上町の市道です。

スポンサーリンク

西本和久 逮捕の事件について

停職中にも関わらず飲酒運転で再度逮捕された西本和久容疑者。

今回、西本容疑者の飲酒運転による被害者はいませんでしたが、

怪我人、死人が出るなどの最悪のこととなっていたことも考えられます。

停職6月の懲戒処分を西本容疑者は受けていましたが、無意味だったよう。

2度とこのような過ちを犯させないようにするためにも

市には厳正に対処をして頂きたいですね。

スポンサーリンク

西本和久 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●厳罰をお願いします。
今の時代、「飲むなら乗るな」は当たり前。
税金から給料貰ってるなら尚更厳しい判断をお願いします。

 

●停職中に再度酒気帯びなんてありえんでしょう

普通の会社や市役所関係なら酒気帯びや飲酒運転では一発目で
免職(諭旨免職や懲戒免職含む)が当たり前です

普通に考えて事故があってからでは遅すぎるし
被害者側の治療費や慰謝料を考えると酒気帯びでは保険もでませんから
被害者にも迷惑です(今回は被害者はないにしても…)

これは本人は懲戒免職、貝塚市の市長、議員、職員給与カット
くらいして危機管理の意識もたせないとだめだし

直属上司の更迭など厳しい処分を市役所全体でしないと
市民も納得するわけありませんよね

 

●これは医療の助けが必要な人なのでは?
懲戒免職は免れないと思うけど、どのみち行政が何らかのフォローをしなくちゃいけない人の気がする。

 

●しかも運転中に携帯電話?
このような自制心も危機管理能力も希薄な人間に市政の一端を任せるコトはあり得ない。
今回の逮捕は市民にとって幸運だったと思う。

 

●日本は飲酒運転に甘すぎると思う
デンマークで飲酒運転で捕まると運転免許剥奪のうえ
給料の1か月分と同額の罰金のうえ
さらに車は没収され売り飛ばされ売り上げは国庫に入ります
タイで飲酒運転で捕まると遺体安置所で奉仕活動が義務付けられます
飲酒運転をなくす為には罰則をタイやデンマークと同じにするのがいいと思う
事故が減りますので被害者や交通遺族も減りますね
保険代も安くなるでしょうから車の維持費は安くなります
経済的に車の所有が難しかった方が購入しやすくなり
生活水準が上がり便利で安全安心
飲酒運転がなくなるとイイコトだらけ
重大事故を起こしてしまった加害者は
本人だけでなく家族も路頭に迷う事になります
飲酒運転をしない、させない、起こさせない
飲酒運転をなくしましょう

 

●よくあるお話しですが田舎の役所ではかなりの数で地縁血縁者が就職しています。そこに異常な甘え意識が構造化していて、この程度のお話しなら懲戒免職に至ることはありませんでした。例えが悪いですが人を死傷させても免職になるケースは希でした。
最近は市民の目が厳しくなり、ましてこのようなネットに情報が出るようになり、行政側も隠したりつぶすことが難しく世間の騒ぎが収まるのを待つことが多いようです。また議会も殆ど機能しておらず、われ関せずのケースが多いでしょう。
改めて役所のコンプライアンスをもっと厳しくする手段を真剣に考える時代になったことを関係者は心してもらいたいですね。

 

●昨年10月にも飲酒運転で停職6月の懲戒処分を受けていたというが、残念ながらその罰では意味がなかく、しかも処分中に再びやったのだから、職場として残る懲戒処分は1種類しかないだろう。

 

●軽い罰で済ますからこんな事になる、今回も事故は起こさなかったが誰かが犠牲になってたら誰が責任を取るのか?本人は勿論だが軽い罪で済ませた人達にも罪はある、飲酒運転は殺人未遂なので停職では無く、最初から懲戒解雇にすべき、絶対に退職金を出してはいけない、今回は犠牲者が出なかったが次は無いので飲酒運転は即解雇と実刑をお願いしたい。