ニュース

ブライアン・メイ 署名訴えに波紋!辺野古移設中止を呼びかけ?

ブライアン・メイ 署名訴えが注目されています。

2019年1月7日、ロックバンド・クイーンのギタリスト、

ブライアン・メイさんがTwitterで沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設問題、

工事中止の署名を呼びかけました。

ブライアン・メイ 署名訴えに波紋!辺野古移設中止を呼びかけ?

この署名は辺野古に新設される基地の工事停止をホワイトハウスに求めるもの。

締め切りは米時間で1月7日まで(日本時間では1月8日の午後2時前まで)。

1月7日時点(日本時間)で、投稿数は18万4000を超えています。

署名活動は、アメリカのホワイトハウスが設ける

請願サイト「We The People」内で行われています。

ハワイに住む日系4世のミュージシャン、ロバート梶原さんが始めたもので、

沖縄・辺野古の海への土砂投入停止を訴えると、

驚くほどのスピードで世界に広まりました。

ブライアン・メイさんは、以下のようにTwitterに投稿されました。

「URGENT !!! URGENT !!! PLEASE SIGN THIS PETITION to save a beautiful coral reef and irreplaceable eco-system, threatened by USA extending an airbase. Bri」

(訳:緊急!!!緊急!!! アメリカが空軍基地を拡張することによって脅かされている、美しいサンゴ礁とかけがえのない生態系を守るために、この署名にサインしてください。Bri)

開始から30日以内に10万以上の署名が集まれば、

ホワイトハウス内で内容が検討され、60日以内に回答が来るという制度。

すでに10万以上の署名は集まっていますが、

「ホワイトハウス請願サイトで最多の署名を集めること」

を目標に、活動が続けられています。

ブライアン・メイさんはツイッターと同様の内容をインスタグラムでも

投稿されており、彼の熱意により世界中に拡散されています。

ブライアン・メイ 署名訴えの報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

2019年1月7日、ロックバンド・クイーンのギタリスト、ブライアン・メイ氏もTwitterで工事中止の署名を呼びかけた。

この署名は、辺野古に新設される基地の工事停止をホワイトハウスに求めるもの。締め切りは米時間で1月7日まで(日本時間では1月8日の午後2時前まで)。1月7日時点(日本時間)で、投稿数は18万4000を超えている。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

伝説的ロックバンドのメンバーによる思いがけない投稿に、

SNSでは「ありがとう、ブライアン」の言葉が溢れました。

ブライアン・メイさんだけでなく日本ではモデルでタレントのローラさんや、

タレントのりゅうちぇるさんも署名に参加するなど反響を呼んでいます。

工事中止の署名の波は一層、激しさを増しそうですね。

ブライアン・メイ 署名訴えにネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●この人等は沖縄の状況を本当に理解しているのか。自然破壊反対はいいが、普天間の危険はどうするのか。辺野古反対を声高に叫ぶならば同時に普天間をどうするのかも提案すべきである。ただ反対反対なら、能無し野党と同レベル、評価に値しない。

 

●ブライアンを心から敬愛しているけど。。
基地問題は建設を止めればいいという話じゃない。

日本は米軍の傘の下で守られ、沖縄県の経済は基地関連の産業で成り立っている。
利権や政治的な思惑や複雑なものが絡み合っている。自国の海(グアムとか)の基地とは根本的に違う。

大好きな日本のために声を上げてくれた事は嬉しいけれど、反対するだけじゃ賛同は得られない。代替案を提示しない反対意見は精査される資格もないと思う。

 

●これで、辺野古の反対派のキャンプから
クイーンが流れ続けるのか(´・ω・`)

 

●日本人に対しての影響は、かなり大きい発言になるだろう。
映画が大ヒットしてるだけに、署名が大幅に増えるのは間違いない。

 

●米軍基地が沖縄にあるからあの辺一体が、お隣のチートから守られているし、軍があるから経済的に潤っている。米軍基地の家族やその関係者が沖縄で買い物をした旅行したり、逆に地元の人がベースで働いたりしてるから、侵略的混乱から守られている。私も沖縄に行って基地のフェンス周辺を見ましたが、基地はここじゃなくてもいいのでは?近くに無人島で勝手にやってくれれば問題ないのではとも思いました。ブライアンさんの一言も嬉しいのですが、もう明日です。

 

●辺野古移設は危険な普天間を閉鎖する沖縄の負担軽減策です。珊瑚をまもれば普天間の住民を危険にさらします。それでもいいなら辺野古移設をやめたら?

 

●アメリカのマスコミ&世論を味方にするには、自然破壊環境破壊を訴えるのは正解でしょう。

 

●ローラさんやりゅうちぇる、村本さんの移設反対に関する署名活動をみましたが、では普天間はどうする?どうしたらよいと思います?海外?どこへ?海洋の安全担保は?・・など、課題山積みなんですよ。自然破壊?空港拡張の埋め立てにおけるサンゴの影響評価は?など、数え上げたらきりがない実情があります。はっきり言って、この程度の代替案や想定質問に関しての意見もない方々に、移設中止を叫ぶことは、単なる野次馬と一緒。ひとりが言い出したら次から次へと賛同者?これもおかしなもので、そもそも自分が言い出しっぺになって干されたら嫌だけど、先に言った人で世論の動向をみてからなら安全。所詮この程度。普天間の危険を除去し、辺野古で海洋安全ににらみをきかす。これやらなければ、本当に中国に乗っ取られますよ。軍事力で日本は敵わないし、そもそも暴力反対でしょ。ま、その時はまた署名活動しますか(笑)。

 

おわりに

沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設問題、

工事中止の署名をSNSを通じて呼びかけたブライアン・メイさん。

今回の呼びかけには山積みとなっている根本的な問題をどう解決するべきか?

それに関して様々な意見が飛び交っていますが、

ブライアン・メイさんの影響力はとどまることなく広がり続けています。

建設問題、一体どうなってしまうのでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。