元・植村花菜 現在の姿がこちら!印税切り崩し、NY生活?

ニュース

元・植村花菜 現在が注目されています。

トイレの神様」などのヒット曲で知られ、

「Ka-Na」名義で活動する歌手の植村花菜さんが7日放送の日本テレビ

ヒロミーティング~またTVでイジりたい美女SP~」に出演。

移住した米ニューヨーク生活の実情について明かしました。

スポンサーリンク

元・植村花菜 現在の姿がこちら!印税切り崩し、NY生活?

2010年、祖母との思い出を楽曲にした「トイレの神様」が大ヒット。

同年の大みそかには「紅白歌合戦」にも出場するなど

一躍人気アーティストの仲間入りを果たしました。

その後、13年にジャズドラマーの清水勇博さんと結婚し、

15年には長男を出産。長男が2歳になる前にニューヨークに移住し、

現在は歌手活動と子育てを両立させているそうです。

2012年に単身で渡米した当時を振り返り、

「コネもつてもなく行った。地元のバーでギャラもなく、何もかも自分で運んで。交渉も自分でやってライブをするというところからスタートした」。

現在もライブハウスなどで歌っているが、ここで「野性爆弾」のくっきーさんから

「貯金を切り崩してる?」と直球の質問が及ぶと

「そうですね。おばあちゃんの恩恵で暮らしております」と、

「トイレ…」による財が生活を支えていると告白しました。

ニューヨークは、様々な文化や技術・音楽が集まる街。

「トイレの神様」が大ヒットしたことを踏まえ、

実力を試すためにも海を渡られたのでしょうか。

スポンサーリンク

元・植村花菜 現在の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

2010年、祖母との思い出を楽曲にした「トイレの神様」が大ヒット。同年の大みそかには「紅白歌合戦」にも出場するなど一躍人気アーティストの仲間入りを果たした。

その後、13年にジャズドラマーの清水勇博氏と結婚し、15年には長男を出産。長男が2歳になる前にニューヨークに移住し、現在は歌手活動と子育てを両立させているという。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

植村さんによるとニューヨークでの生活は、

「(これだけでは)全然暮らしていけない」とのこと。

「数年暮らしていけるくらいの貯金を頑張って貯めて、後はお母さん(植村さん)が日本で出稼ぎをして、またニューヨークに戻って…」

と生活のために日米を往復しているとも打ち明けられました。

人気アーティストとしてご活躍された植村さんなので華のある、

海外生活を送られているのかと思いましたが、現実は甘くないようですね。

スポンサーリンク

元・植村花菜 現在にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●>「(これだけでは)全然暮らしていけない」とも。「数年暮らしていけるくらいの貯金を頑張って貯めて、後はお母さん(植村)が日本で出稼ぎをして、またニューヨークに戻って…」

夫の稼ぎがないのか

すでに別居しているのか

●大ヒットの後
西野に手を出された印象しかない

 

●一発当てるだけすごい

 

●番組見てました。
性格キツかった。旦那は、勉強したい事があって学校に通ってるらしい。たぶんほぼ無収入。それを必死にかばう女。
あーダメなパターンねて思った。
まずあの歌の良さがわからない。

 

●番組、観ました。
あれじゃ、ダメだと確信した。
あの曲がったキツい性格じゃ、スタッフも関係者も一緒に仕事はしたくはないだろう。一発屋になったのは、本人に原因がある。

 

●貯金を切り崩してまでNYに住み続ける意味が私には理解できない。
貯金がなくなったら路頭に迷うのは時間の問題。

 

●ヒットしたのはもう10年近く前になるんですね。あれだけヒットして自分で曲を作ったのなら相当印税が入ってると思うし今もカラオケなどの収入がそこそこあるのでは?

印税切り崩してまでNYで活動するのは創作活動する人にとって魅力のある街なんでしょうね。

 

●この番組見てたけど、記事にあるようなやりとりのほかに、トイレの神様の英語版も作ろうとしたけど、キリスト教は一神教だから「トイレにも神様がいる」というのを理解してもらいにくいので、妖精とかそうした表現にするかも、みたいな話もしてたな。

しかし植村花菜はまだあまりルックスが変わらなかったけど、日テレ出演18年ぶりという永井美奈子の老けっぷりの方がショックだった。
なんか同窓会で昔のクラスのアイドルだった子の変貌ぶりを見た時のような…

 

スポンサーリンク

おわりに

トイレの神様」などの曲がヒットし、

様々な場でご活躍されている植村花菜さん。

現在はニューヨークと日本を行き来しながらも

歌手活動と子育てを両立させる、貯金を切り崩しながらの生活。

少々苦労されているような印象を受けました。

ニューヨークでも変わらず元気に、ご活躍されてほしいですね。