兼高かおる 死去で病気だった?「兼高かおる世界の旅」で人気

ニュース

兼高かおる 死去が注目されています

海外紀行番組の草分けとなった

「兼高かおる 世界の旅」などで知られる旅行ジャーナリストの

兼高かおる(かねたか・かおる、本名兼高ローズ)さんが5日、死去しました。

スポンサーリンク

兼高かおる 死去で病気だった?「兼高かおる世界の旅」で人気

兼高かおるさんの死因は心不全。90歳でした。

兼高かおるさんは神戸市生まれ。

米ロサンゼルス市立大学に留学後、英字紙のフリー記者に。

1958年、飛行機を乗り継いで当時の世界一周最短となる

73時間9分35秒の記録を打ち立てて注目を集めました。

59年、TBS系で「兼高かおる 世界の旅」

(当初の番組名は「兼高かおる世界飛び歩き」)が始まりました。

日本で海外渡航が自由化されたのは64年。

まだ海外旅行が一般的でなかった時代に、

外国の文化や生活を現地取材の映像で広く紹介したのが人気を博し、

90年まで31年続く長寿番組に。1586回の放送で150カ国超を訪れ、

地球180周分の旅をしました。南極、北極の両極点も訪れたほか、

米ケネディ大統領やスペインの画家ダリら著名人も取材しました。

兼高さんのご活躍は様々な人の心を震わせ、兼高さんのおかげで

海外渡航が定着したとも言っては過言ではないかと思います。

スポンサーリンク

兼高かおる 死去の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

兼高かおるさん(90)は今月5日、東京・港区の自宅で心不全のため亡くなりました。

兼高さんは1928年に神戸市で生まれ、1958年、世界一周を73時間9分35秒で回り、世界最短記録を樹立。その翌年からTBS系列で始まった「兼高かおる世界の旅」では、まだ海外旅行が一般的でない当時、世界の魅力をお茶の間に届ける先駆者となり、番組は31年間1586回にわたって放送されました。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

兼高さんの訃報にSNSでは、大きな反響を呼んでいます。

驚かれる方や悲しまれる方、

中には兼高さんの影響で海外に興味を持ち、

勉強をし始めた方や生業とした方もいらっしゃります。

兼高さんは私たちに数えきれないほどのものを与えて下さりました。

スポンサーリンク

兼高かおる 死去にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●兼高かおる世界の旅。。

世界の憧れを見せて頂いた番組でした。
ありがとうございました。。
ゆっくり休んでください。。

●日曜日の朝、楽しみに見ていました。「80日間世界一周」のテーマと共に夢を届けて下さいました。芥川さんとのやり取りも楽しかったです。御冥福をお祈りします

 

●「世界の旅」をはじめとして「世界の料理ショー」「ルーシーショー」などなど子供の頃に見た番組がその後の私の人生に大きな影響をもたらしました。
上品で且つ大胆、行動力のある兼高さんはずっと憧れの人でした。
遠い旅にお出になりましたが、あの頃のお姿は忘れません。安らかに。

 

●まだ幼かったころ、パンナムの飛行機と共に憧れの気持ちを持って毎週かかさず見ていました。
ここ最近はCSの再放送でも。
ご冥福をお祈りいたします。

 

●日本人が海外旅行をするようになったのは間違いなく貴方のおかげです。ありがとうございました。

 

●物腰柔らかで、上品な語り口がとても素敵な方だったと記憶しています。
兼高さんの「世界の旅」を見るのが、当時、私のルーティンでした。

心よりお悔やみ申し上げます。

 

●私が世界に興味を持つきっかけとなった 兼高かおる世界の旅 でした。
ご冥福をお祈り致します。

 

●いろいろと海外の勉強をさせて頂きました。
謹んで心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサーリンク

おわりに

旅行ジャーナリストの兼高かおるさんの訃報。

「兼高かおる 世界の旅」など様々な場でご活躍されていたこともあり、

突然の死には驚きを隠せません。

天国でも旅を続けられているのでしょうか。

兼高さんのご冥福をお祈り致します。