ブログを始めてみたい!そんな方はこちら!

昼終了運動会 複雑の真相がヤバい!保護者からは「弁当がなくて楽」

ニュース

昼終了運動会 複雑が注目されていますね。

報道によれば、ここ最近では午前中に運動会が開催され、終了するケースが多いのだとか。

そのため、保護者からは「弁当がなくて楽」などと歓迎の声が上がる一方で、「さみしい」と残念がる声もある様子。

スポンサーリンク

昼終了運動会は楽だけど寂しい?

今年から昼終了としたのは『ひばりが丘小学校』。

この午前中で終了する運動会に対し、

「短縮で大玉転がしなど全学年で行う競技はなくなったが、子供の活躍する姿は十分見られた」

と理解を示す声もある様子。

ただどこか寂しさもあるようですね。しかしやはり運動会となると、そうとうな準備が必要。弁当作りも大変ですよね。

そのため

「さみしさもあるが、弁当作りがないのはやっぱり楽」

という声がある様子。

中には、運動会後に開放されたグラウンドで弁当を広げる家族もいたとか。

「運動会と言えば弁当。その思い出を子供にもつくってほしくて」

と話しているそう。

 

スポンサーリンク

昼終了運動会 複雑も児童はどう思っている?

おそらくは児童もこの午前中で終わる運動会に寂しさを感じている人もいるのではないでしょうか。

「午後まで運動会があった時、お弁当は楽しかった」

と残念そうに思う子もいるようですが、その一方で

「お昼に終われば運動会の後、友達と遊べる」

と喜んでいるみたいです。

後にジェネレーションギャップに繋がりそうですね…

この運動会の午前中での終了は英語授業の時間確保のためとされています。

ただ、保護者の声には賛否両論あるようで、まだその流れが拡大する動きは無いようですね。

 

スポンサーリンク

昼終了運動会 複雑にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

労働者の給与が伸びず、これだけ共働き世帯が増えてしまった以上、仕方ない流れだと思います。また働き方も多様化して、土日が休みじゃない親も沢山います。これが今の日本です。

 

以前と変わって親御さんが仕事をしていきながら子育てをしていくことが多くなってきているのが現実だから、こういうことにだんだんなってきて、その午前中に思いきり楽しめるように競技の種目を考えてみたりと、時代の新しい流れに合うようにしていってもいい気がした。

 

大人からしたら多少暑くても子供の思い出が減るのは可哀想とか思ってしまう方もいるでしょうね。しかし休めるときには出来るだけ日陰に避難させてても、いくら飲水させても子供は身体の構造上熱中症になりやすいです。何か起こってからでは取り返しがつかないと思います。
短縮した結果、お弁当がなくなった親が楽になった、先生方の負担も減って休む事ができた、これって皆にとって幸せと思うのですがいかがでしょうか?

 

九州ですが、先週運動会がありました。例年9月運動会ですが、今年から5月になりましたが、まさかの真夏のような暑さ。
もちろん、急遽短縮で先生たちがしょっちゅうミストをかけて、お茶を飲むように指示し、校長先生も先生たちに見回りするように何回もアナウンスしていました。
先生たちの配慮はすごかったです。
お弁当は作って行ってたので、お弁当まで食べて帰宅。閉会式も整列せずに、児童は応援席に座ったまま行われました。
先生たちのおかげで元気に終えましたが、逆に先生たちの体調が心配でした。
お弁当がなくなるのはちょっと寂しいけど、急遽短縮になるなら、、もう始めから短縮で良いと思いました。お弁当の負担より、先生たちの負担を目の当たりして、子供にとっても、先生にとっても、親にとっても、短縮が良いと思います。

 

今年から午前開催になりましたが、効率的に競技が進んでて、今までと同じ数の競技数をこなせた事に驚きました。もちろん、細かいとこで短縮してたりと工夫されてましたが。私としては、天候にやきもきしながらお弁当を作ってドタバタするよりも、朝は余裕あるし穏やかに楽しく見ることが出来ましたよ。
最初は、お弁当なくなるの?寂しい!と思ってましたが笑
実際は働きながら買い物や準備、貴重な休みに朝6時からお弁当作り、下の子の世話、準備など諸々をしてた事を考えると、すごく楽でした。
子どもも長々とやるより体力的にも楽だと思います。
特に昨日は暑かったですし、ずーっと直射日光ガンガン当たってましたので。

 

ああすればこう言う、こうすればああ言う。2回あった運動会を1回にしたり、秋にあったものを春にしたり、ゆとりの頃は徒競走に順位付けするのをやめたり、組体操をやめたり、半日にしたり…何しても保護者や外野から反対意見が出てくる。
考えるべきはその学校の児童生徒の実態に即して安全で、目的に対して効果的であることだと思います。

 

自分が子供の時のことだが、家庭の事情で運動会に親が来れず弁当さえなくて、
担任の先生と二人で教師用の仕出し弁当を教室で食べた。
先生が唐揚げを1つくれて午後も頑張れよ、と言ってくれた。とてつもなく長く感じた昼休みで、早く終わって欲しかった。今でも忘れられない寂しい思い出。
みんながワイワイやる中で、今もそんな子がもしかしたら居るのでは?と、気にかかる。

 

運動会は親の為のものだとずっと思ってきた。

大人の生活、共働き土日出勤などなど各家庭違うのは今に始まった事ではない。
「みんな同じ」が普通ではない。父親も母親も仕事休める人ばかりではない、親がいない家庭もある。
今なる地球環境を考えたら命の危険もあるんだから午前中で終わらせるなど変化があるのは当然。

 

午前終了でいいなと思いました。私の地域は、昼からもありますが、5月と言えど、暑いです。玉入れや、大玉おくり、応援がっせんなんかは、正直、自分の子どももよく見えないし、見ていて楽しめませんでした。でも、練習には時間をとります。

教員ですが、この時期、運動会の練習に時間がとられ、勉強にじっくりとりくめません。運動会が終われば、水泳がはじまります。とにかく、勉強がカリキュラムにおくれないように必死でとばします。
集団行動や競争も大事なことですが、短縮しても十分養エルと思います。勉強も行事も、ばったばたで必死にこなすのではなく、もっとじっくり取り組むことができたらと思います。

 

二男の母です。うちも校舎が冷暖房完備になり、2年前から昼食は子供たちだけで弁当を食べています。
それでも親のために弁当を食べる場所はあり、祖父母がくる人は弁当を食べています。
子供と食べれなくて寂しい、という意見は1人くらい聞きましたが、大半は楽になり喜んでます。
そもそも日本は学校行事が多すぎ、先生も親も大変だと思います。しかもことあるごとに、代休だ弁当だ、本当はやめたい人もいるのに、決まったことは変えない。
子供もサラリーマンになるための判で押したような教育を受けている気がします。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、昼終了運動会の複雑な気持ちについてまとめてみました。

運動会の午前中での終了には様々な声があるようですね。

しかし、どこか寂しい気持ちがあるように思います。

 

 

ブログで稼いでみたい人へ

なぜこんなブログを書いているの?

答えは単純に「稼げるから」です。

1日たった数時間、ブログに今日のニュースや出来事を記録するだけで月に10万円以上の金額が私の口座に入ってきます。

このブログに少しでも興味を持ってもらえたなら、私のLINE@に登録してみてください。
ちょっとだけブログの秘密について教えますよ。

ニュース
スポンサーリンク
ROZEO-NEWS.com