ニュース

山口美明 顔画像は?野中泰二郎(京大名誉教授)が観光バスに…

9日午後2時半ごろ、京都市左京区聖護院山王町の交差点で、

横断歩道を歩いて渡っていた京都大名誉教授の野中泰二郎(のなかたいじろう)さんが

左折してきた観光バスにひかれました。

報道によれば、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、

バスの運転手の山口美明(やまぐちよしあき)容疑者が現行犯逮捕された様子。

野中泰二郎さんは病院に搬送されましたが、間もなく死亡が確認されました。

 

山口美明(やまぐちよしあき) 顔画像やプロフィール

報道されている情報から、簡単に山口美明容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:山口美明
  • 年齢:44歳
  • 住所:東京都八王子市寺町
  • 職業:バスの運転手

山口美明容疑者の画像は現在公開されていません。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

山口容疑者が運転するバスは中国人観光客を乗せ、知恩院から金閣寺に向かっていました。

事故発生後、山口容疑者が「人が動いていない。現場に車が数台あるが、どれが関係車両か分からない」

と自ら110番しました。バス左側の前輪と後輪に血痕が付着していたため、逮捕しました。

警察の調べに対して山口容疑者は、

「バスでまたいだのは間違いないが、人とは認識していない。タイヤで踏んだかどうかは分からない」

と容疑を否認しているそうです。何かに気を取られていたために、

周囲の安否確認を怠っていたために野中さんをはねたのではないかと考えられます。

警察は容疑を致死に切り替え、調べるそうです。

 

 

 

 

山口美明(やまぐちよしあき)顔画像は?野中泰二郎(京大名誉教授)が死去

事件の詳細はこちらです。

事故があったのは、京都市左京区の「東山丸太町」の交差点で、左折中の観光バスが横断歩道を渡っていた高齢男性をはねた。警察などによると、男性は、京都大学名誉教授の野中泰二郎さんで、頭を強く打ち、その後死亡した。バスの乗客とガイド27人にけがはなかった。

警察は、バスを運転していた山口美明容疑者を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕。山口容疑者は、『何かをバスがまたいだが、人かどうか認識していない』と、容疑を一部否認している。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

山口容疑者は現在は容疑を否認しているようですね。

 

 

 

 

山口美明 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

京都市左京区聖護院山王町の交差点です。

現場は信号機や横断歩道のある片側2車線の交差点です。

 

 

 

野中泰二郎 画像や経歴は?

顔画像

野中泰二郎さんの顔画像はこちらです。

調べてみると、大学のHPでは画像は公開されていませんでした。

 

出典;北京理工大学

 

こちらは、2010年の中国北京理工大学での講演時の写真です。

今から9年前のお写真なので、見た目は少し変わっているかもしれませんね。

経歴

まずはプロフィールです。

  • 野中泰二郎(のなか・たいじろう)さん
  • 82歳
  • 京都市伏見区醍醐古道町
  • 京都大学名誉教授
  • 研究分野…建築構造・材料

1959年 京都大学工学部 建築学科

1961年 京都大学 工学研究科 建築学専攻

1964年 ブラウン大学大学院 工学研究科 固体力学

1990年 京都大学防災研究所 教授

1993年~1999年 京都大学防災研究所 教授

2000年~2002年 中部大学工学研究科 教授

2004年~ 2006年 中部大学工学研究科 教授

2018年 京都大学学術研究支援室 名誉教授

 

 

 

 

山口美明 逮捕の事件について

横断歩道付近を歩いていた野中泰二郎さんをはねたとして逮捕された山口美明容疑者。

野中さんは京都大名誉教授。野中さんから様々な学問を学び、

野中さんのような方を志していた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

事故に巻き込まれ、最悪のこととなってしまったことを無念に思い、

ご遺族の方、知人の方々のお気持ちを考えると胸が締め付けられます。

山口容疑者は容疑を否認しているということなので

自らの行動により人命を奪ったということをしっかりと理解し、

悔い、反省してほしいですね。

野中さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

山口美明 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●>>人とは認識していない。

大型車両を運転する上で
一番気を付けなければいけないと言っても過言ではないのが
内輪差の大きい左の巻き込み。

人とは認識していないってことは
安全確認を怠っていたという証拠。

 

●観光バスにもマナーの悪いのがかなりいる
東山三条交差点では佳久Nexusのバスが
青信号の横断歩道をずっと塞いでいたため
高齢者が渡るに渡れず往生するケースを見た
(あまりに酷いので敢えて業者名を出す)

今回は業者こそ別だろうが
そんな乱暴運転でついに犠牲者が出たことになる
人手不足の折から外国人運転手が参入すれば
危険度は今以上にupする可能性が高い

観光バスやマイカーの市内進入には
マナーアップを名目に応分の負担を求めてよい

 

●倒れてる人を見て、助けを求める119通報ではなく、110番にしたのは、過失があったことを安易に認めていると思います
通報の仕方が良い人ぶって、他責なのは、
当事者にならないと
このひとの気持ちもわかってあげられないのかな
亡くなられた野中さんに、最大限のご冥福をお祈りいたします。
交通死亡事故がこの世からなくなりますように。

 

●左折時の安全確認は、大型車のドライバーに取っては
一番重要なことで、これでもかというぐらいミラーと目視で
確認していますよね。 当然このドライバーも確認は
していたはずなのですが、したつもりになっていたのか
それとも歩行者がドライバーの想像を超えるような動きをして
気づけなかったのか。。。

大型車の側面を映し出すモニターを付けるとか、
センサーで検知するとか、もう少し踏み込んだ安全対策は
ないのもだろうか・・・

 

●バスでまたいだのは間違いない?
ひいたと言う以前に、この教授は横断歩道に倒れていたのか?
教授といっても82歳の高齢者、どんな状況だったんだろうね。
ひいたバスの運転手も運転はベテランのはず。
踏んだのは間違いないだろうが、状況をきちんと把握して欲しい。

 

●安全の確認を怠っているバス運転手がいるのもなんとなく京都ならわからんでもない気がします
観光バスが京都に沢山来ていて、ケイエム、帝産、明星、滋賀観光、etcの大手もあれば

バス協会に加入していない観光バス会社も多く来ています。中には乗降に掛かる費用、駐車場代をケチるため路駐をするバス会社も多く見られます。例えば京都駅八条口の乗り場を使わないため京都駅前に路駐したり、伏見稲荷の駐車場が出禁のため竹田街道に路駐しているものもあります。
車に人が乗っていれば駐禁取られないため、渋滞を招こうが運転手は知らん顔。
規制するにもどう規制するのか……

 

●なぜ会社名を隠しているのかが不思議。事実は事実。会社の責任でもある。

 

●確かに ひいた運転手は、悪い。しかし 根本は、京都市の 行政である。バスをはじめ 通行車両の道幅状況 駐車場不足 他地区の車両規制 神社仏閣の近隣住民に対しての無神経さ等々きりがない。。次の市長は、商売人なってほしい。教職関係では、無理。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。