スポンサーリンク

佐々木蔵之介 重圧なぜ?プレッシャーで歯が痛い?

ニュース

佐々木蔵之介 重圧が注目されています。

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の新キャストの新キャスト発表会が行われ、

光秀の生涯のライバルとなる藤吉郎役を

俳優の佐々木蔵之介さんが演じることが明らかになりました。

スポンサーリンク

佐々木蔵之介 重圧なぜ?プレッシャーで歯が痛い?

佐々木さんの大河ドラマ出演は2007年「風林火山」以来、

13年ぶり2回目となります。佐々木さんは、

「大河ドラマで秀吉を演じた方を調べたら先輩方がたくさんいて、歯が痛くなった。見なきゃよかった」とプレッシャーを口にされました。

しかし演じる秀吉像についてを聞かれると、「どう演じるかはもうわからない」

と困惑しつつも「私は申年です」と猿と呼ばれた秀吉にかけて意気込み、

「そして私の京都の実家が豊臣秀吉が建てた聚楽第の大きい敷地のわずか、この辺に見える。そういった深い縁がある。ご縁と周りの方々で作っていければ」

と力を込められました。プレッシャーに少々怖気気味の佐々木さんですが、

目には見えない、とても深いご縁があるようですね。

スポンサーリンク

佐々木蔵之介 重圧 「麒麟がくる」はどんな物語?

「麒麟がくる」は大河ドラマ59作目で、29作目「太平記」を手掛けた

池端俊策氏のオリジナル脚本で、大河としては初めて智将・明智光秀を主役とし、

その謎めいた半生に光を当てます。物語は1540年代、

まだ多くの英傑たちが「英傑以前」であった時代から始まり、

丹念にそれぞれの誕生を描いた物語だそうです。

スポンサーリンク

佐々木蔵之介 重圧の画像やプロフィールは?

佐々木蔵之介 重圧の画像や動画を掲載しておきます。

西島秀俊×佐々木蔵之介が攻撃か防御かで対立!映画『空母いぶき』新予告編

西島秀俊主演、佐々木蔵之介共演の映画『空母いぶき』の予告編の動画です。

人気俳優のお二人が出演、壮絶な世界観に

魅了されている方が多くいらっしゃるようです。

 

スポンサーリンク

佐々木蔵之介 重圧にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

確か、超高速で移動するのが得意な殿様でしたね。
秀吉役は合ってるかも。
佐々木蔵之介は良い役者だし好きだけど、これはちょっと。
例えば昔、竹中直人がやったみたいな、光秀では絶対敵わない魅力の塊みたいな秀吉がいてこそ、討たれる光秀が映えるのに。
楽しみです。
秀吉ではないよなー。
百歩譲って秀長だわ。
竹中半兵衛とかが適任だと思うよ。
実家が本当に聚楽第という銘柄を造ってるからな。こんな縁もあるんだな。
信長役に染谷将太って。それできて秀吉役に佐々木蔵之介?なんか破茶滅茶だな。

 

スポンサーリンク

佐々木蔵之介 重圧なぜ?プレッシャーで歯が痛い?まとめ

佐々木蔵之介 重圧が注目されています。

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の新キャストの新キャスト発表会が行われ、

光秀の生涯のライバルとなる藤吉郎役を

俳優の佐々木蔵之介さんが演じることが明らかになりました。

今まで秀吉を演じた方は佐々木さんの先輩方ということもあり、

重圧を感じられたとのことですが、様々な映画やドラマに出演された

佐々木さんなら素晴らしい演技を魅せてくれるのではないでしょうか。

今からとても楽しみですね。