ニュース

西田宣孝 顔画像や動機は?ラッパーら、暴力団員からコカインを仕入れる

コカインを販売目的で仕入れたなどとして、京都府警が11日、

ミュージシャンの西田宣孝(にしだのぶたか)容疑者や知人ら男4人を

麻薬取締法違反容疑で同日までに逮捕したようです。

また、西田容疑者らにコカインを販売したとして、同法違反の疑いで、

指定暴力団住吉会系組員、岸野成利(きしのなりとし)容疑者も逮捕したようです。

逮捕容疑は昨年4月、京都市中京区のホテルで、岸野容疑者が西田容疑者ら4人に

コカイン約500グラム(末端価格約1000万円)を400万円で販売したとしています。

西田宣孝 顔画像や動機は?ラッパーら、暴力団員からコカインを仕入れる

報道されている情報から、簡単に西田宣孝容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:西田宣孝
  • 年齢:40歳
  • 住所:京都市下京区
  • 職業:ラッパー
  • 名前:岸野成利
  • 年齢:35歳
  • 住所:東京都目黒区
  • 職業:指定暴力団住吉会系組員

西田宣孝容疑者の画像は現在公開されていません。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

報道によりますと西田容疑者は「ラ・ボーノ・カポ」と名乗るラッパーで、

主に関西のクラブなどで活動していたそうです。

西田容疑者と岸野容疑者は知人関係で、

西田容疑者と他の男3人も音楽を通じた知り合いだったということです。

西田容疑者は密売の指示役だった疑いが持たれています。

岸野容疑者は指定暴力団住吉会系組員とのことなので

暴力団の活動資金として、販売ルートを確保するために容疑者らと知り合って

違法薬物を販売していたのではないかと考えられます。

 

 

 

 

西田宣孝 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

販売目的で暴力団組員からコカインを仕入れていた疑いで、京都のラッパーの男らが逮捕されました。

麻薬及び向精神薬取締法違反の罪で逮捕・起訴されたのは、京都市のミュージシャン西田宣孝被告(40)と会社役員の男2人です。

3人は京都市中京区のホテルで去年4月、指定暴力団・住吉会系組員の岸野成利容疑者(35)から、コカインおよそ500グラムを400万円で譲り受けた罪に問われています。

事件では他にも21歳の無職の男が有罪判決を受けています。

西田被告は「ラ・ボーノ・カポ」と名乗りラッパーとして活動していて、3人とは音楽を通して知り合ったということです。

警察は全員の認否を明らかにしていません。

警察は、グループが知人を介して常習的にコカインを売りさばいていた疑いもあるとみて調べています。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

 

西田宣孝 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

京都市中京区のホテルです。

観光スポットが点在しており、人気の高い場所です。

 

 

 

 

西田宣孝 逮捕の事件について

販売目的で暴力団組員からコカインを仕入れていた疑いで逮捕された西田宣孝容疑者と

コカインを販売したとして逮捕された岸野成利容疑者。

コカインなどの違法薬物は一時的に高揚感や多幸感などを得ることが出来ますが

依存性が高く、肉体的にも精神的にも悪影響を及ぼす悪質なものです。

依存した際には幻覚や幻聴、正常な判断をすることができなくなってしまい、

他人をも事件や事故に巻き込んでしまうことも多くあるものです。

もし違法薬物を勧められた際には絶対に手を出さず、警察に相談をしましょう。

薬物の入手ルートが明らかになることと、関係者全員が逮捕されることを願っています。

 

 

 

 

西田宣孝 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●職業差別してはいけないと思うけど
あー納得

 

●その組員のスマホの通話履歴やメールが公になれば芸能界はやばいことになるんだろうね。

 

●申し訳ないが
イメージとして
ラッパー、クラブDJは
キメてる率が高いと思う

 

●以前、ツイッターで見かけた

これは完全に偏見なんだけど、ラッパーが大麻を吸ったと言われても「力士がちゃんこを食った」くらいにしか感じない

というのを思い出した。

 

●これだけ住吉薬局の逮捕者が出てるけど未だに警察がガチで動かないもんなぁ。
日本の闇は怖い

 

●偏見かもしれないが
ラッパーなどは
薬物やってる率が高い。

 

●ラップを否定はしないが、音楽家っていいかたは違うんじゃない

 

●本場のラッパーに憧れてコカインもやってみたかったんだろう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。