スポンサーリンク

西田哲也(にしだてつや) 顔画像や経歴は?経産省職員が国際郵便で覚醒剤受け取る

ニュース

覚醒剤とみられる粉末を所持したとして、警視庁は29日、東京都足立区綾瀬、

経済産業省のキャリア職員で同省製造産業局自動車課課長補佐、

西田哲也(にしだてつや)容疑者を麻薬特例法違反容疑で現行犯逮捕したようです。

スポンサーリンク

西田哲也(にしだてつや) 顔画像や経歴は?経産省職員が国際郵便で覚醒剤受け取る

報道されている情報から、簡単に西田哲也容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:西田哲也
  • 年齢:28歳
  • 住所:東京都足立区綾瀬3丁目
  • 職業:、経済産業省自動車課課長補佐

西田哲也容疑者の画像は現在公開されていません。

報道によりますと、西田容疑者は米国から覚醒剤を密輸しようとしており、

泳がせ捜査していた捜査機関が中身を入れ替えた郵便物を受け取りました。

警察の取り調べに対して西田容疑者は

「受け取ったが、覚醒剤が入っているとは知らなかった」と容疑を否認しているそうです。

自身で使用するために、覚醒剤を販売して金銭を得るために密輸していたのか

暴力団などの組織と繋がりがあり、違法薬物を密輸する役割だったのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

西田哲也 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

警視庁は29日までに、麻薬特例法違反容疑で、経済産業省自動車課課長補佐の西田哲也容疑者(28)を現行犯逮捕した。米国から覚醒剤を密輸しようとしており、泳がせ捜査していた捜査機関が中身を入れ替えた郵便物を受け取った疑い。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 

 

スポンサーリンク

西田哲也 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

東京都足立区綾瀬3丁目です。

様々な店舗や施設、住宅が立ち並ぶ場所です。

 

 

スポンサーリンク

西田哲也 逮捕の事件について

覚醒剤入りの荷物を受け取ったとして逮捕された西田哲也容疑者。

西田容疑者は経済産業省のキャリア職員で同省製造産業局自動車課課長補佐ということもあり、

様々な情報をもち、自身の立場を利用して犯行に及んだかもしれません。

覚醒剤は使用した者に多幸感や高揚感を与えますが

依存性が高く、大変危険なもので正常な判断をすることができなくなったり

幻覚などの症状に悩まされてしまって自身の身だけでなく、

周りの人物も事件や事故に巻き込んでしまう可能性のあるものです。

西田容疑者には自身の過ちとしっかりと向き合い、反省してほしいものですね。

 

 

スポンサーリンク

西田哲也 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●28歳で課長補佐は凄い。将来を期待されていたはずだが、犯罪者で終了というのは人生を感じる。

 

●貿易と関連が深い分野のポストの方は、ハニートラップもあるし、情報を抜くために近づいてくる変なのも多い。気を付けないといけないのに、脇が甘いね。有罪判決なら、懲戒免職でしょう。

 

●キャリアであれば、高級官僚でなければ知りえない国家的秘密を持っていたと考えてもおかしくない。
国益を損なう情報が国内ばかりでなく、国外へも流れていることは想定しなければならない。

 

●周囲に広まっていないか、しっかり調べてほしい。薬物が国を陥れるためにも使われてきた歴史を忘れないで。もしかしたら大変なことかもしれないから。

 

●周囲のノンキャリおじさんたちの評判を聞いてみたいね。
日ごろの言動に問題があって、内部告発されたのではないかと思っているけど、実際はどうだったのかな。
それにしても28歳で補佐だったら、将来は次官も夢ではなかったのにね。残念ながら、懲戒免職確定だな。

 

●ちゃんと逮捕される分だけ、ましなのかもしれないな。
隠すよりはと最近は思うよ。

 

●キャリアの仕事はシンドイよ。大蔵省時代の主計官は毎年一人は自殺していることで有名だった。東大法のトップクラス20人が入省してるのにだ。しかも主計官にはそれまでの実務能力が買われて就任するのにさ。公務員が安泰というのは幻想にすぎない。給料が特別いいとも思わないし、仕事を山ほど抱えているのは事実なのだ。裁判官も過労からノイローゼになり自殺している。経産省の彼も、入省5年目くらいで、ストレスのかかる仕事を任され始めて、薬物に手を出したんだろう。

 

●対外経済担当なら話は大きくなるね。

 

ブログで稼いでみたい人へ

なぜこんなブログを書いているの?

答えは単純に「稼げるから」です。

1日たった数時間、ブログに今日のニュースや出来事を記録するだけで月に10万円以上の金額が私の口座に入ってきます。

このブログに少しでも興味を持ってもらえたなら、私のLINE@に登録してみてください。
ちょっとだけブログの秘密について教えますよ。

ニュース
スポンサーリンク
ROZEO-NEWS.com