大西都志子 顔画像や動機は?おいに暴行、めいを閉じ込め 被告に有罪判決

ニュース

同居していた当時小学生のおい(17歳)に暴行し、

めい(14歳)をトイレに閉じ込めたなどとして、

暴力行為法違反と監禁の罪に問われた大西都志子被告に対する判決公判が1日、

大阪地裁で開かれ、伊藤寿裁判長は大西都志子被告に

 

懲役2年6月、執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡しました。

 

伊藤裁判長は判決理由で、おいへの暴行について、

おいが家事をこなせなかったときに長時間正座をさせていたことなどを挙げて

「暴力などの常習性があった。」と指摘。また、めいの監禁も常習的で

「被害者の精神的苦痛は大きい。」と指弾しました。

大西都志子 顔画像や動機は?おいに暴行、めいを閉じ込め 被告に有罪判決

報道されている情報から、簡単に大西都志子容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:大西都志子
  • 年齢:49歳
  • 住所:大阪市旭区
  • 職業:自営業

大西都志子容疑者の画像はこちらです。

  出典:https://headlines.yahoo.co.jp

大阪市旭区の自宅で大西都志子被告は

2013年~2015年もの間、同居していた

おいへの暴行やめいを監禁したりしていました。

 

同居していためいは平成27年12月の真冬のトイレに長時間監禁され、

平成25年3月おいへの耳を引っ張るなどの暴行に関して大西都志子被告は、

「おいがあまりに物をとったり、嘘をついたりというのが激しくて、その時に一度怒って。耳をつまんで話をしていたら、耳のところにあざができたんやね。」

と話しています。

 

以上の行為を「しつけや教育の一環として行なった正当行為。」だと裁判で

無罪を主張していますが、しつけや教育にしては行き過ぎた行為で

大人が子供に対して決して行うべきものでなく、

ただの残忍な暴行で、しつけと教育を履き違えていますね。

大西都志子 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

いずれも同居していた当時小学生のおい(17)に暴行し、めい(14)をトイレに閉じ込めたなどとして、暴力行為法違反と監禁の罪に問われた大西都志子(としこ)被告(49)に対する判決公判が1日、大阪地裁で開かれ、伊藤寿裁判長は懲役2年6月、執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。

伊藤裁判長は判決理由で、おいへの暴行について、以前からおいが家事をこなせなかったときに長時間正座をさせていたことなどを挙げて「暴力などの常習性があった」と指摘。また、めいの監禁も常習的で、「被害者の精神的苦痛は大きい」と指弾した。

判決によると、大西被告は平成25年3月、大阪市旭区の自宅で、おいの両耳をつかんで引っ張り、顔を殴るなどしてけがをさせた。また27年12月、めいにトイレに入るよう命じ、出られない状態にして監禁した。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

大西都志子 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。詳しい場所はわかりませんが、

大阪市旭区の自宅で事件が起こりました。

大西都志子 逮捕の事件について

大西都志子被告がおいとめいに暴行や監禁などをした今回の事態。

被害を受けたおいとめいの二人は、

身体だけでなく精神的にも深い傷を負ってしまったことでしょう。

幼少期の大人からの叱責や暴力というものは、

成長して大人になったとしても癒えることはありません。

どんなに追い出そうとしても、心にずっと居座り、目に見えず治らない傷跡となり、

トラウマとして自らに襲いかかってくるのです。

 

この被害に遭ってしまった二人が今後、

幸せに暮らせるように親族の方や引き取ってくださる方には

温かいお家を用意して迎えてあげてほしいです。

それがこの2人の傷を癒す薬となると信じて。

 

大西都志子被告にはしっかりとことの重大さを身に刻み込み、

二度と二人に会うことがありませんように。

大西都志子 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●同居するのには
色々と訳があるのでしょうけど…。
二人の親は?

●本当のしつけは暴力ではなくまず子供の心に温かいエネルギーを注ぐことから始まり信頼関係を築いた上で叱って教えるのが良いのでは。
でもそれが一番難しい。

●自分が叔母に同じことされていた幼少期を思い出します。
自分がした事は忘れてます。
でもされた側は一生覚えてます。

●悲しいし、こんなことをする人間は許せない。
また、この甥や姪は一生心の中傷を背負っていくのだろうと思うと、本当にやり切れない。

●まさか、また子供達と一緒に暮らさないよね?
まわりの大人がちゃんと守ってあげて欲しい。

●かわいそうに。
彼女たちが幸せになってくれればいいね。