白井繁治 顔画像や動機は? フェイスブックの写真で潜伏先わかり逮捕

ニュース

15年前、三重県津市で暴力団幹部が射殺された事件で、フェイスブックに

投稿された写真から潜伏先がわかり、逮捕・起訴された男が、

初公判で起訴内容を否認しました。

起訴状などによりますと、住居不定の元暴力団組員、白井繁治被告(75)は、

2003年、当時の組員ら7人と共謀し、暴力団幹部を射殺した殺人などの罪に

問われています。

事件について、詳しく見ていきたいと思います。

白井繁治 顔画像や動機は?フェイスブックの写真で潜伏先わかり逮捕

報道されている情報から、簡単に白井繁治容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:白井繁治
  • 年齢:75歳
  • 住所:不定
  • 職業:元暴力団組員

白井繁治容疑者の画像はこちらです。

   出典:https://headlines.yahoo.co.jp

白井繁治容疑者は元暴力団員組員ということで、2003年に事件が起こったときの当時の

年齢は約60歳。おそらく年齢が若いうちから加入していたものではないかと思われます。

去年8月にインターネットのフェイスブックに写真が投稿されたことから

潜伏先が判明し、今年1月、不法滞在の疑いで現地警察に逮捕され、

日本に強制送還されたとのこと。

一人だけで海外に逃亡するのは不可能であると考えられるため、海外にも

協力者がいたのではないか、と思います。

当時42歳の暴力団幹部の顔面に拳銃で2発撃って殺害したことから、

冷静沈着であるとも言えます。

白井繁治 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

  起訴状などによりますと、住居不定の元暴力団組員、白井繁治被告(75)は、2003年、当時の組員ら7人と共謀し、暴力団幹部を射殺した殺人などの罪に

問われています。

白井被告は、事件後タイに逃亡していましたが、去年8月に、

インターネットのフェイスブックに写真が投稿されたことから潜伏先が判明し、

ことし1月、不法滞在の疑いで、現地警察に逮捕され、日本に強制送還されました。

(三重県津市の)津地裁で始まった裁判員裁判で、白井被告は、

「全く違います」と起訴内容を否認しました。

冒頭陳述で検察側は、「犯行に使われた携帯電話を購入するなど、重要不可欠な

役割を果たした」と指摘し、一方の弁護側は、「携帯電話は購入しておらず、

共謀の事実も無い」と主張しました。

共謀したとされる他の7人は、全員、有罪判決が確定しています。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

白井繁治 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した場所は三重県津市ということですが、詳しい現場はわかっておりません 。

白井繁治 逮捕の事件について

暴力団組員による殺人および銃刀法違反。昔は暴力団でも弱い者を守ってくれる、

自警団のような存在であった、ということですが、現在は見る影もなし。

今回の事件は暴力団内での事件ではありましたが、仲間内での犯行というのに

情のかけらもないようなむごい殺し方であるということは言えます。

その後も事件の発覚を恐れてか海外に逃亡するなど、自分自身のことしか

考えていないのでは、ということが伺えます。

事件から約15年が経ったとはいえ、SNSに写真を投稿、しかも自分自身のトレードマーク

とも言える入れ墨の写真を堂々とあげられている、というのは他人にも油断していたから

なのでしょうか。

暴力団員といえども同じ人間。人間を殺してしまったら誰でも殺人犯です。

白井繁治被告が直接手を下していないかもしれませんが、事件に加担していると

思われますので、罪をきちんと認めていただきたいです。

白井繁治 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●  事件後いち早くタイに逃亡→タイではバンコクのような日本人も多い大都市ではなく観光客もほとんど訪れない田舎のロッブリー県で潜伏→年に数回日本から金や食料の仕送りを受けながら現地で精米工場のアルバイトや公園の管理人をして生活→三重県警及びインターポールの捜査網を完全に掻い潜る→やがてタイ語も上達し現地の友達もたくさんできる→そんな中親しくなった若者グループが実は入れ墨マニアの同好会で自分の入れ墨を見せたところ町の人気者になる→入れ墨のマニアの会報誌や地元新聞のグラビアを飾る→入れ墨マニアのFBにも載る→逮捕
という流れらしい…実はタイじゃ結構楽しく暮らしていたらしいぞこのジイサン…
●   この事件に絡んでいないのなら、わざわざタイに渡り十数年も潜伏生活をする必要は何処にもない。

●   タイに逃亡してるんだから
やってるんだろ

●  日本における本来のイレズミ者の意味である
アウトローの証としての機能をきっちり果たしてくれたんですね。

●  この人、タイの公園でボードゲーム(将棋)かなんかしてる時にタイの人が珍しい和柄の刺青をSNSにUPされて捜査員に見つかったんだよね、刺青無かったらただのお爺ちゃんみたいだったな

無罪ならわざわざタイに渡り、潜伏生活をする必要は何処にもない。