大津の保育園 記者会見なぜ開いた?理由は拡散防止『マスコミがバラバラに来ちゃうから…』

ニュース

大津の事故が話題になっていますが、

被害者の保育園、レイモンド淡海保育園が記者会見を開き、園長先生が涙されていたのが印象的でした。

ここで疑問となっているのは、何故記者会見を開かなくてはならなかったのか?

少し、事故発生から記者会見までの時間が短すぎるようにも感じました。

その内容について調べてみました。

産経新聞の清水(記者)顔画像は?大津市の会見の質問が炎上「いつもとかわらない様子でしたか?」
大津市の事故から1日。 園長先生の涙の記者会見が話題になりましたね。 その記者会見において、酷い質問をしたということで会見中に質問した記者は誰なのか?ということが話題になっている様子。 調べてみると、どうやら産経新聞の記者...

保育園側に不備はあった?

大津の自動車事故によって、数名の園児が亡くなりました。

この事故で会見では園長先生への質問攻めが行われていましたが

ではレイモンド保育園側に

安全上の不備があったのか?について調べていきます。

今回保育園側が園児を連れて行っていた散歩ですが、

これは日常的に行われていたようですね。

このレイモンド淡海保育園には園庭がありません。

そのため、保育園のカリキュラムの中に散歩が入っているのだとか。

実際に、口コミでは庭園が無いといったコメントもあったそう。

出典:https://www.minkou.jp

レイモンド保育園は建物の二階に位置しているようですね

1階は歯医者さんになっていて、珍しい作りになっています。

保育園というと、敷地が広いイメージがありますが、

レイモンド淡海保育園はかなり狭い場所だったようです。

そして、カリキュラムの話ですが、レイモンド淡海保育園では

2歳児はその時間帯は「散歩・室内遊び・戸外遊び・自由遊び」を

することになっているようです。

しかし、画像をみてもらえれば分かるように、保育士が付き添いをして、道路側から離れるようにしっかりと様子を見守りながら散歩させています。

グーグルマップを見ても、ちょうどその姿が映されていましたね。

おそらく事故があった日もいつものように散歩させていたのでしょう。

ヤンチャな子がいたわけでもなく、自動車事故に巻き込まれたことになるので

今回の事故は明らかに保育園側は被害者になるでしょう。

 

 

生徒への質問を抑制するも…

今回の事故によって、このような記者会見の場を設け、

園長先生も涙ながらに回答されました。

その時に同時に「生徒への聞き込みはご遠慮ください」という呼びかけもあったようです。

それにもかかわらず、レイモンド淡海保育園の通学路にはたくさんのマスコミが立っていたとか。

幸いにも、事故の翌日は学校が休みであり、

質問をうけた子供たちは少なかったとは思いますが、

それにしてもここまでしつこく報道する必要はあるのでしょうか。

 

 

大津の保育園 記者会見なぜ開いた?理由は拡散防止『マスコミがバラバラに来ちゃうから…』

調べてみると、以下のようなコメントを見つけました。

上記のTwitterの内容をまとめるとつまり、

レイモンド保育園の園児が亡くなる事故が発生し、

何かしら質問を受け付ける場所を設けないと、マスコミやら記者やらが保育園に押しかけ、そのたびに説明を行う必要が出てきます。

今回の記者会見でも、以下のようなひどい質問が飛びましたが、

マスコミというのは何を質問するかわかりませんからね。

産経新聞の清水(記者)顔画像は?大津市の会見の質問が炎上「いつもとかわらない様子でしたか?」
大津市の事故から1日。 園長先生の涙の記者会見が話題になりましたね。 その記者会見において、酷い質問をしたということで会見中に質問した記者は誰なのか?ということが話題になっている様子。 調べてみると、どうやら産経新聞の記者...

その時に、子供に対して友達が亡くなったことに対する質問などが飛んでしまうと

今後、ショックを受けたうえで生きていく可能性があります。

なので、子供たちを守るためにも、

記者会見の場は開かなくてはならなかったということです。

 

 

園長先生の立場

さて、今回の事故において、記者会見の場で涙ながらに回答されていたのは

レイモンド淡海保育園の園長先生です。

若松ひろみ園長が会見で動画は?大津園児事故会見 レイモンド淡海保育園「見ていてつらい」
大津市大萱の交差点で保育園児の列に車が突っ込み15人が死傷した事故。 園児13人のうち、2人が死亡、9人が骨折などの重傷を負ったとのこと。 レイモンド淡海保育園の延長の"若松ひろみ"さんは会見で涙していました。 会見の動画...

動画はこちらです。

この様子が放送されてからTwitter上では多くのコメントが寄せられました。

今回の会見では子供たちを守るためやむを得ずに開いたというのに、

情報が混乱していることをいいことに記者の酷い質問が飛んでいましたね。

質問内容も聞いていて腹立たしくなります。

この中で、それらの質問にもほぼ回答できていませんでしたが、

それでも声がグズグズになるまで話されていたのが園長先生です。

おそらく、あの場で一番つらいのはいつも子供たちを見ていた園長先生ではないでしょうか。

子供を預かる身として、相当にショックを受けたと思います。

責任もあるでしょうしね。

散歩していたことについても「安全であったのか?」なんて質問もありましたが

園長先生をそこまで攻めることでは無いと思います。

マスコミの質問も辛いですね。

 

 

まとめ

以上、レイモンド保育園の園長先生が会見を開かななくてならなかった理由についてまとめてみました。

この会見を開いたのは正しかったと言えるでしょうね。

その会見の場を利用してマスコミは弱い部分に付け込んで、、、

もう少しまともな報道をしてほしいものです。

報道するならこちらの事件を追及してほしいですね。

飯塚幸三 退院後も逮捕されずデモ発生?息子を報道しないワケがある!
池袋のプリウス事故により多くの被害者を出した事故。 運転していた飯塚幸三(いいづかこうぞう)さんは現在、病院に入院されているとのことですが、どうやら退院後も逮捕されないと報道されています。 その内容に一部ではデモを起こそうという...