スポンサーリンク

岡田健史 始球式どよめき2019動画は?野球部で119キロにも不満!

ニュース

岡田健史 始球式どよめきが注目されていますね。

報道によれば、俳優の岡田健史さんが始球式に登板。

元高校球児はインコース高めに力強い真っすぐを投げ込み、119キロを計測したそう。

動画などはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

岡田健史 始球式どよめき2019動画は?野球部で119キロにも不満!

ここにネットで調べた内容について記載してください。

昨年、俳優デビュー作となったTBSドラマ「中学聖日記」で有村架純(26)の相手役を務めた岡田健史(20)が始球式に登場した。

 

捕手出身らしく、テイクバックの小さなフォームで、

右打席に立ったロッテの荻野の内角高めに119キロの球を投げこむ。

ただ、120キロにわずかに届かなかったことと、ボール球になったことで「40点」と自己採点は厳しめだったそう。

凄く楽しんでやれた。夢にまで見たヤフオクドームでうれしかった

と憧れだったマウンドでの人生初の始球式に笑顔でした。

 

スポンサーリンク

岡田健史 中学生日記で注目

岡田健史さんが注目されたのは2018年話題になったドラマ『中学聖日記』です。

女性教師・末永聖と、岡田健史さん演じる生徒「黒岩晶」との恋愛ドラマ。

岡田さんは新人ながらオーディションで抜擢される異例のデビュー。

この『中学聖日記』で人気が爆発したそう。

その人気の大きな要因は以下とされています。

  • 端正な顔立ち
  • 身長180㎝
  • 10代の純粋さ、
  • 清々しさ、
  • 真摯さ、
  • ドキッとさせる艶やかさ

元々野球を続けてきたらしく、8歳のころから始めた野球で野球選手を目指していたそう。

小中ではクラブチームに所属、高校は強豪校で寮生活らしいですね。

ポジションはキャッチャーを3年間つとめ、副主将としてチームを支えていたそうです。

高校時代は朝5時に起床し朝練ののちに学校に通っていたとか。

また、21時まで練習し、その後さらに自主練し就寝というストイックな生活だったようです。

スポンサーリンク

岡田健史の画像やプロフィールは?

岡田健史の画像や動画を掲載しておきます。

相当なイケメンであり、中学1年生で現在の事務所にスカウトされるも、

「野球をやりたいから」

と断り続けていたそう。

しかし、高校野球引退後に助っ人として演劇部の演劇に出演したことが人生の転機となったようですね。

岡田健史さん演じる特攻隊員の作品が県大会にて優勝。

そこで初めて、「演じる魅力」に目覚めたそう。

現在ではドラマのあとに開設したインスタグラムも瞬時に70万人以上のフォロワーがつくまでに成長したとか。

 

 

 

 

スポンサーリンク

岡田健史 始球式どよめきにネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

一生懸命野球を続けてきた健史くんが役者の立場で夢にまで見たヤフオクドームでの始球式、しかもそれが10代最後のお仕事、奇跡のような巡り合わせに感動。背番号23番を選んだ理由にも泣けた。
カッコいい!!
これからの飛躍に期待してます!
絶対応援する!
入場する時にプロローグ流してくれたらドラマの人って思い出す人多かったんでは?
タカガールデーで大半が女性だし。
岡田健史ってより役名の黒岩くんって名で記憶してる人多そう
俺が全力で110キロ
イケメンが普通に投げて120キロ
なぜなのか
マウンドでの礼儀正しさも素晴らしい。カッコいいです!こんな形でマウンドに上がるなんて思っても見なかったでしょうね。
始球式楽しみにしてました
カッコいい~!中学聖日記おもしろかった

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、岡田健史 始球式どよめきについてまとめてみました。

それにしてもイケメンで野球ができるって素晴らしいですね。

中学生日記も面白かったし、今後ますます注目される俳優さんですね。

ブログで稼いでみたい人へ

なぜこんなブログを書いているの?

答えは単純に「稼げるから」です。

1日たった数時間、ブログに今日のニュースや出来事を記録するだけで月に10万円以上の金額が私の口座に入ってきます。

このブログに少しでも興味を持ってもらえたなら、私のLINE@に登録してみてください。
ちょっとだけブログの秘密について教えますよ。

ニュース
スポンサーリンク
ROZEO-NEWS.com