平沢雄稀 顔画像や動機は? 逮捕状執行前に逃亡の容疑者を逮捕

ニュース

茨城県警筑西署は3日、同県筑西市で9月26日、県警捜査員が傷害容疑で逮捕するため

自宅を訪れた際に逃げた同市小川の会社員、平沢雄稀(ゆうき)容疑者(20)を逮捕しました。

同署によると、平沢容疑者は3日午後6時半ごろ、同県結城市の祖父母宅を訪ね、

「警察に連れて行ってくれ」と頼み、祖父母に付き添われて同署に出頭したということです。

警察は認否を明らかにしていません。

この事件について、詳しく見ていきたいと思います。

平沢雄稀 顔画像や動機は?逮捕状執行前に逃亡の容疑者を逮捕

報道されている情報から、簡単に平沢雄稀容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:平沢雄稀
  • 年齢:20歳
  • 住所:茨城県筑西市小川
  • 職業:会社員

平沢雄稀容疑者の画像は公開されておりません。

  

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

平沢雄稀容疑者は会社員、年齢から推測すると高校卒業後あるいは専門学校卒業後

に就職したのでしょうか。詳しい内容はわかっておりません。

今回の事件は筑西市西石田の無職、木村修羅(しゅら)容疑者(20)ら2人と共謀して、

同市内のカラオケ店で、知人の男性会社員(23)の頭をジョッキグラスで殴るなど

して全治約3週間のけがを負わせたとのことですが、何かトラブルでもあったのかどうか

はわかっておりません。

しかし、被害にあわれた男性会社員に対して 何かしらの恨みなどがあったからこそ、

共謀して犯行に及んだものと思われます。

逮捕直前に逃げたこと、また、祖父母宅を訪ね、「警察に連れて行ってくれ」と頼み、

出頭したことから推測するに平沢雄稀容疑者自身はあまり精神的に強いほうでは

ないでのはないか、と思われます。

平沢雄稀 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

 先月26日、茨城県筑西市で傷害事件の容疑者として警察が逮捕しようとした際、直前に自宅から逃走した男が逮捕されました。

平沢雄稀容疑者(20)は8月16日、筑西市内のカラオケ店で仲間2人と一緒に

知人の男性をビールジョッキで殴るなどして全治3週間の大けがをさせた疑いが

持たれています。

警察は先月26日に平沢容疑者を逮捕するため自宅を訪れましたが、

玄関で母親が対応している間に2階から裸足で飛び出し、約1週間、逃走を

続けていました。

警察によりますと、3日午後7時すぎに平沢容疑者が祖父母とともに警察署に

出頭してきたということです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

平沢雄稀 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した詳しい現場はわかっておりませんが、茨城県筑西市にある

カラオケボックスで犯行が行われたということです。

平沢雄稀 逮捕の事件について

今回の事件は共謀して知人である男性会社員にの頭をジョッキグラスで殴るなどして

全治約3週間のけがを負わせたとのことですが、お酒の力もあったのでしょうか。

おそらくではありますが、被害男性に対して不満や恨みなどがあり、仲間内で

話しているうちにその思いが強くなってしまったのではないか、と思います。

また、カラオケボックスという密室で行われたこと、犯行時に使われた凶器が

ジョッキグラスであることから、お酒を飲んだ上での犯行だったのではないか、と

思われます。

平沢雄稀容疑者自身が犯行実行者とはわかっておりませんが、その場にいたことは

確かであると思われます。

しかし、いくら被害男性が自分の知人であったとしても犯行に及んでしまったら

逮捕される、ということまで考えてはいなかったのでしょうか。

また、自分自身、「とんでもないことをしてしまった」という思いはあったので

しょうか。

逮捕直前になり逃げる、かつ、逃走後にあえて自分の祖父母を頼った、ということから

あまり平沢雄稀容疑者は気持ちを強く持つことができずに、頼りどころを求めたのでは

ないか、と思います。

生きているうえで、「しまった」と後悔しまうことはたくさんあるかと思います。

ですが、このような事件を引き起こして犯罪者となってしまったことはもう

取り返しのつかないことです。

きちんと罪を償い、もう二度とこのような事件を起こさないでいただきたいと思います。

平沢雄稀 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●   茨城県筑西市で茨城県警が家族に逮捕事情を話している、隙を見て逃走した容疑者の男性が、後で出頭して逮捕されたのですが出頭時には祖父母も同行していたのですね・・
隙を見て逃走したのにも関わらず、祖父母同行で出頭するとはなんか情けないような悲しいような。
共犯者の名前に修羅(しゅら)という名前の容疑者もいたのですが、こちらは名前どおりみたいですね。
●   出頭してくれて良かった。
検索したら、家族の名前も
分かってしまうので、
家族が可哀相。
今後を考えて、
よく反省して欲しい。

●  悪さして警察が家に来て母親と話している最中に逃亡、結局怖くなり祖父母宅へ泣きつく。
おじいちゃんおばあちゃんをあまり無理させるなよ、もう成人してるんだし。

●  可愛がり育てた孫を警察に連れて行く
その気持ちは 辛かったでしょう。
祖父母の態度は立派です。
孫が祖父母を見習うと良いですね!

●  逃走するような奴には、多少怪我をさせても(強引に出ても)仕方がないと思う。そうしないと逃げ得だ。
被害者はもっと大変な目に遭ったんだし。

とにかく、身柄確保するならきちんとしてほしい。

両親よりも祖父母に諭される。
やはり、人が成長する過程では、祖父母という存在が大切なのだろう!高度経済成長からある核家族化と言うのは、見直すべきなのだろうね。
労働環境で転勤と言うのは、無くならないかもしれないから、完全にとまでは行かなくとも、子供の成長においては必要。老人も活気があり健康でいられるかもね。(それでも劣悪な家庭環境はあるから、そこは行政も支援すればいい)