逵正俊 顔画像や動機は?殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで逮捕

ニュース

7日午後11時ごろ、

三重県志摩市で火をつけた紙を木造平屋建ての

自宅に燃え移らせて全焼させて同居している家族3人の

父親(73歳)と母親(67歳)、祖母(88歳)を殺害しようとして、

逵正俊容疑者(43歳)が殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで逮捕されました。

 

父親ら3人は逃げてけがはありませんでした。

調べに対し逵正俊容疑者は、

「自宅を燃やして父親らを殺そうとした。自分も死ぬつもりだった。」

と容疑を認めていて、警察は動機などを調べています。

 

逵正俊 顔画像や動機は?殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで逮捕

報道されている情報から、簡単に逵正俊容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:逵正俊
  • 年齢:43歳
  • 住所:三重県志摩市阿児町国府
  • 職業:工員

逵正俊容疑者の画像は現在公開されていません。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

志摩市阿児町国府の工員の逵正俊容疑者(43歳)は、

父親(73歳)と母親(67歳)、祖母(88歳)の家族3人で暮らしていました。

 

父親と母親、それに祖母の3人は高齢なので介護の必要があったかと思われます。

なので逵正俊容疑者は介護疲れで犯行に及んだのかもしれません。

 

「自分も死ぬつもりだった。」と今回の事件の後先を考えず、

自らの死で幕引きにしようとするような供述があることから、

身勝手な行動に受け止められますが、

かなり精神的にも追い詰められての犯行だったのでしょう。

 

父親ら3人は逃げてけがはありませんでしたが、

高齢で息子が殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで逮捕となり、

父親ら3人の今後を考えると胸が張り裂けそうですね。

逵正俊 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

三重県志摩市で自宅に放火し、父親ら家族3人を殺害しようとしたとして、43歳の男が逮捕された。

殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、志摩市阿児町国府の工員・逵正俊容疑者(43)。警察によると、逵容疑者は、7日午後11時ごろ、火をつけた紙を自宅に燃え移らせて全焼させ、同居している父親ら家族3人を殺害しようとした疑いがもたれている。

「住宅が燃えている」などと通報を受けた警察が現場に駆け付けたところ、自宅近くにいた逵容疑者を発見し、自ら火をつけたことなどを認めたため逮捕した。けが人はいなかった。

調べに対し、逵容疑者は「3人殺して自分も死ぬつもりだった」などと話していて、警察が動機などを調べている。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 

逵正俊 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

三重県志摩市阿児町国府にある木造平屋建ての家です。

逵正俊 逮捕の事件について

自宅に放火し、同居している家族3人の

父親(73歳)と母親(67歳)、祖母(88歳)を殺害しようとした逵正俊容疑者。

 

父親ら家族3人は火に巻かれてしまう前に、

燃える自宅から逃げてけがはなかったそうですが、

自宅に火を放ったのは自分たちの息子だと知った時、相当辛かったことと思います。

 

自宅が全焼、その犯人は息子。しかも家族である自分たちを殺そうとしていたのです。

この一家は一体どうなってしまうのでしょうか、

父親らは高齢で息子は刑務所から長く出ては来れません。

 

父親ら自らの生活や息子が逮捕されたことに、

頭を悩ませ、心身ともに疲れてしまうでしょう。

 

もし介護疲れが動機で今回の事件に逵正俊容疑者は及んでしまったのならば、

介護をする方々のサポートを国が充実させて欲しいばかりです。

逵正俊 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●放火したら火災保険おりんのに…
どうやって生活していくんだよ

犯罪者になれば身元引受人も考えなきゃ
いけないし
家族から見捨てられて、刑期終われば
ひとりぼっちになる…

この犯罪者を相手にする
弁護士も大変だ…

●他の記事で自分も死ぬつもりだったってあったから先の事は考えず自分も死ぬつもりだったのだろう。
ただ実際には、家から1キロ離れたとこで保護されたってあったから本当に死ぬ気があって実行に移そうとしてたかは不明。

●家族離散やね。
年老いた両親どうすんねん?

●働いてるようだし介護疲れの可能性もあるな

●放火が許されるのは、わが子を凄惨なやり方で殺されたにもかかわらず、犯人が少年法などで守られてたいした罪に問われず放免された場合のみだと思ってます。

●なにがあった?一家心中にしなければいけないほど追い詰められてたのか?