ブログを始めてみたい!そんな方はこちら!

カナブーン飯田 彼女(不倫相手)の幸福の科学の清水富美加が失踪に関与?

ニュース

4人組ロックバンド「KANA-BOON」のベース担当の飯田祐馬さんが音信不通で捜索願を提出した問題。

それと同時に2017年に飯田さんとの不倫交際が明らかになった彼女、千眼美子(清水富美加)さんの投稿が意味深として話題となっている様子。

果たして彼女は今回の飯田さんの失踪に関与しているのか?

スポンサーリンク

千眼美子(清水富美加)のTwitter投稿

まずは、今回のカナブーンの飯田さんの失踪と同時期に投稿された、以前の不倫相手とされていた千眼美子(清水富美加)さんの投稿を見てみましょう。

確かに意味深な投稿ですね。

「悲しいお知らせも悲しいとか残念とか思いすぎない 本当はもう少し時を共にしてみたかったとしても優しかった瞬間や事実がはっきりとくっきりとしてグリーンフラッシュみたい」

その具体的な内容に関しては記されていません。

このリプライでは、飯田をどこにやったんや!なんてコメントもあります。

この投稿はおそらく飯田さんが行方不明になってから3日後の投稿。

何かしら事情をしているかの内容に思えてしまいますね。

投稿の内容を分析すると、『グリーンフラッシュみたい』というのが気になるところ。

ちなみに、グリーンフラッシュとは

グリーンフラッシュは、太陽が完全に沈む直前、または昇った直後に、緑色の光が一瞬輝いたようにまたたいたり、太陽の上の弧が赤色でなく緑色に見えるようになる、稀な現象

とされています。

失踪に何かしら関与しているように思わせますね。

スポンサーリンク

カナブーンはライブ中止

今回のカナブーン飯田さんのが行方不明になったことににより、カナブーンの5周年LIVE『KANA-BOONのOSHI-MEEN!』が中止になったと報じられています。

公式発表によれば、あらゆる手段を用いているものの、連絡は取れないということ。

「6月5日(水)より、飯田祐馬と連絡が取れておらず、あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております。すでに、ご家族より警察へは捜索願を提出しております」

おそらくはスマホ等の通信機器も一切通じないようですね。

これによって現在は警察に捜索願を出している状況です。

 

スポンサーリンク

カナブーンのスケジュール

ここで、最近のKANA-BOONのイベントスケジュールについてまとめておきます。

5月

5日:埼玉の音楽フェス『VIVA LA ROCK 2019』

6日:千葉の音楽フェス『JAPAN JAM2019』

19日:大阪の音楽フェス『METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019』

25日:東京の音楽フェス『METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019』

6月

12日:シングル『まっさら』リリース

15日自身の5周年LIVE『KANA-BOONのOSHI-MEEN!』

23日:別バンドのLIVEにゲスト出演予定

7月13日:北海道の音楽フェス『JOIN ALIVE 2019』

8月 フェスなど5つのイベントに出演予定

 

スポンサーリンク

行方不明から9日 本人の状況は?

警察庁によると、行方不明者の発見・確認までの日数は

当日で44.6%2日~7日で34.2%とされています。

つまり、1週間以内に約8割が発見されるということ。

しかし、飯田さんの場合は今日で1週間以上たっているのでかなり異例ということになるでしょう。

本人作為(自ら行方不明)もしくは不作為(第三者によって不明)による失踪ですが、どちらの場合でもイベント前にして音信不通なのは普通の状態ではないとのこと。

 

スポンサーリンク

最近のSNSでの投稿

飯田さんが最も最近にSNSに投稿したのは5月31日の投稿でした。


この後も他の方の投稿をリツイートしたりしているため、少なくとも6月3日まではツイッターを確認していたことが分かっています。

この時のTwitterでも6月のライブに向けての意気込みを投稿されており、音信不通になるような前兆は見られなかったそうですね。

この書き込み以降でなにかあったのか、気になるところです。

 

スポンサーリンク

カナブーン飯田 失踪した理由は?

現在のところ、カナブーン飯田さんとは連絡が取れない状況が続いているため、事の真相については不明のままです。

ただ、一般的にバンドや音楽をやる人は自分の中にどこか不器用な部分を持ち、そこを表現しよう、補おうとして音楽に打ち込む人が多いようです。

そのため、少しの事でも落ち込む人も多いのだとか。

最近ではSNSで悪意のある批判的なコメントをする人も多いですよね。

こういった言葉についても落ち込む人は実際に多いのだとか。

 

また、バンドをやってるとどこか音楽性の違いは出るものです。

しかし、この自分のメインのイベント『5周年LIVE KANA-BOONのOSHI-MEEN!』を前にして行方不明はあまりにも不自然に思いますね。

他の人がメインのイベントなら多少なりとも理解できるところはありますが、、、

5周年ということから相当な気持ちでライブをするので、本人が何かしらベースのスキルに関して気にしているのであれば、イベントが大きければ大きいほど、プレッシャーを感じてしまう可能性もあるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

飯田は千眼美子(清水富美加)と不倫関係にあった

以前に、カナブーン飯田さんは千眼美子さんと不倫関係にあったことを公式サイトにて発表されています。

 飯田は17年2月、宗教法人「幸福の科学」に出家した清水とかつて不倫交際していたことが明らかになり、公式サイトで「清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実」などと謝罪した。

2014年4月に一般女性と結婚されていますが、

2015年6月に婚姻関係を隠し、女優、清水富美加(千眼美子)と交際を開始。

2015年9月に清水富美加に既婚の事実を打ち明けるも清水富美加への思いが断ち切れず、交際関係は2016年1月まで続いたそう。

この時の不倫関係については、後に以下のように謝罪されています。

妻との離婚をほのめかしつつ2016年1月まで交際関係を続けていましたこのことで清水さんや妻を深く傷つけてしまったのは事実であり、その事実に誠意をもって向き合い、深く反省しております。

 

このように、不倫を公表したことから人柄の一端を垣間見ることができますよね。

どういう風に受け止めるのかは人によってことなるかと思いますが、このように事実を公表されたとなれば、カナブーン飯田さんについては、自分で溜め込み背負い込むような人である可能性が高いのではないでしょうか。

かなり責任感のある方に思います。

そう考えると、今回の大きなイベントを連絡なしのまま当日まで来たとなると、何かに巻き込まれた可能性の方があるんじゃないでしょうか。

 

スポンサーリンク

KANA-BOONはブログで謝罪

KANA-BOONの残りのメンバーは公式HPにて以下のように謝罪されています。

日頃、僕達を、僕達の音楽を好きでいてくれているみなさんに、多大な心配をかけてしまったこと、とても申し訳なく思っています。

そして15日のイベントを楽しみにしてくれていたみなさん、公演中止となってしまいすみません。

この日に向かっていくみなさんの気持ちと、出演を快諾してくれたゲストのみんなの気持ちを想像すると、この決断はとても心苦しいものでした。

 

僕達の元へも、めしだの現在の状況は届いておらず、心の整理がついていないのが正直なところです。

公式の連絡とともに、メンバーからのメッセージを伝えたかったのですが、言葉にするのに時間がかかり、一夜明けてとなってしまいました。

 

めしだがいない中でのリリースとプロモーションもみなさんを不安にさせてしまったと思いますが、4人で完成させたものを届けるため、精一杯やらせてもらいました。

リリースに至るまでの活動の中で、4人で、或いは僕とめしだの2人で行ったものもありますが、バンドの現在や未来を語った言葉達はすべて本物ですし、そこにあるめしだの笑顔は偽りないものだったと思っています。

 

僕達の付き合いは10年以上になりますので、仲が良いとわざわざ口にするのも面倒なほどの関係です。

連絡がつかなくなる前日も、バンドのこれからについての真面目な話や、他愛ないくだらない話をしていました。

 

なので、事故に遭ったのではないか、なにかトラブルに巻き込まれたのではないか、という可能性も頭をよぎってしまいます。

メンバーとして、友達として、とても心配です。

ただただ無事を祈るばかりです。

 

このまま落ち込み続けていても何も変わってはくれないので、僕達は自分達がいままで作ってきた音楽を想いながら、なるべくポジティブなイメージを持って日々を過ごすことにします。

難しいことは重々承知ですが、みなさんもどうか不安や悲しみにとらわれ過ぎずにいてもらえたらと願います。

 

今回の自主企画は中止という形をとらせてもらいましたが、それ以降、お誘いを頂いて決まっているライブがたくさんあります。

なので、とにかくめしだが無事に戻ってくることを信じながら、KANA-BOONとしての活動を休止せずに続けていきたいと思っています。

どういった形でライブを行うかは、またあらためてご報告させてください。

 

最後に

 

ファンのみなさん。

先輩、後輩、同期のバンド仲間達。

スタッフのみなさん、音楽の世界に携わるみなさん。

僕達を支えてくださって、めしだを気にかけてくださって、ありがとうございます。

KANA-BOON 谷口鮪・古賀隼斗・小泉貴裕

スポンサーリンク

KANA-BOONプロフィール

KANA-BOON飯田

1990年6月27日誕生

2011年9月:KANA-BOONにベースとして加入

他三人は全員同じ高校出身。飯田だけが途中から加入

2012年4月:4000組の応募者のオーディションでKANA-BOONが優勝

2013年ファーストシングル:盛者必衰の理、お断りでメジャーデビュー

2014年:飯田が一般女性と結婚。

 

バンドメンバーは全員仲が良いのが特徴。

飯田はもともとおとなしいタイプではあるが、最近のライブで一部ファンから飯田の様子がおかしい、少しくらいと心配されていた。

 

スポンサーリンク

おわりに

以上、カナブーン飯田さんの失踪についてまとめてみました。

続報が入り次第、追記していきたいと思います。

ブログで稼いでみたい人へ

なぜこんなブログを書いているの?

答えは単純に「稼げるから」です。

1日たった数時間、ブログに今日のニュースや出来事を記録するだけで月に10万円以上の金額が私の口座に入ってきます。

このブログに少しでも興味を持ってもらえたなら、私のLINE@に登録してみてください。
ちょっとだけブログの秘密について教えますよ。

ニュース
スポンサーリンク
ROZEO-NEWS.com