住田真久 顔画像や動機は?警察庁職員を県迷惑防止条例違反容疑で逮捕

ニュース

9月16日午前7時55分ごろ、広島市内を走行していた路線バス車内などで中学生(15歳)の腰を触り、バスを降りた路上で8時ごろ、別の中学生(14歳)の腕を触ったとして、広島県警広島東署は12日、県迷惑防止条例違反容疑で中国管区警察学校に勤務する警察庁職員の住田真久容疑者(56歳)を逮捕しました。

 

生徒の母親から「娘が痴漢にあった。」と110番があり、車内の防犯カメラや目撃者の話から、住田真久容疑者の犯行と断定し、逮捕しました。

 

取り調べに対し住田容疑者は、「女の子に触ったことは間違いないが、どこを触ったのかは覚えていない。」と容疑を認めているという事です。

住田真久 顔画像や動機は?警察庁職員を県迷惑防止条例違反容疑で逮捕

報道されている情報から、簡単に住田真久容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:住田真久
  • 年齢:56歳
  • 住所:広島市東区戸坂新町
  • 職業:中国管区警察学校に勤務する警察庁職員

住田真久容疑者の画像は現在公開されていません。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

中国管区警察学校に勤務する警察庁職員の住田真久容疑者(56歳)

 

警察庁職員でありながら、広島市東区戸坂出江を走行していたバスの車内や戸坂新町1丁目の路上で、15歳と14歳の女子中学生それぞれ2人の腰や腕を触った疑いが持たれています。

 

住田真久容疑者は一度だけでなく二度も女子中学生の身体にそれぞれ別の場所で触っており、性的な欲求不満、ストレスがたまっていたために犯行に及んだのではないかと考えられます。

 

「女の子に触ったことは間違いないが、どこを触ったのかは覚えていない。」と住田真久容疑者は女子中学生に触れたことは認めていますが、触れた場所についてはあやふやです。何か他にもやましいことがあって隠していたりするのかもしれません。

住田真久 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

中国管区警察学校に勤務する国家公務員の男がバスの車内や路上にいた女子中学生に触ったなどとして逮捕されました。

広島県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、中国管区警察学校に勤務する警察庁の職員・住田真久容疑者(56)です。


警察によりますと、住田容疑者は先月16日午前8時頃、広島市東区戸坂出江を走行していたバスの車内や戸坂新町1丁目の路上で、15歳と14歳の女子中学生それぞれ2人の腰や腕を触った疑いが持たれています。


生徒の母親の通報を受け、警察が捜査していたところバス車内の防犯カメラ映像や、目撃者の証言から住田容疑者の犯行と断定し、きょう午後逮捕しました。
取り調べに対し住田容疑者は、「女の子に触ったことは間違いないが、どこを触ったのかは覚えていない」と容疑を認めているという事です。

職員が逮捕されたことを受け、住田容疑者が所属する中国管区警察学校の佐藤信夫監察課長は、「当管区局員が逮捕されたことは遺憾です。
事実関係を確認の上、厳正に対処します」とコメントしています。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

住田真久 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

広島市東区戸坂出江を走行していたバスの車内や戸坂新町1丁目の路上です。

 

 

住田真久 逮捕の事件について

警察庁職員であるのにも関わらず、法を破り女子中学に触れて県迷惑防止条例違反容疑で逮捕された住田真久容疑者。

 

警察庁職員として、生徒の先生として、警察業務に関することを教える立場で法を守る一人の人としてあるはずですが、その態度を示すことはできませんでした。被害に遭われた女子中学生だけでなく、住田真久容疑者のような一人の問題ある行動で他の警察関係者の方たちにも迷惑が掛かってしまうことでしょう。住田真久容疑者の軽率な行動は身勝手で許されることではありません。

 

女子中学生のお二人や事件現場となった場所をよく利用する方たちは、身近な場所でこのような事件があり不安になられたことと思います。このような事件が減るように厳しく処罰してほしいものです。

住田真久 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●警察庁職員と書いてあったから警察職員だと思う。
警察職員と警察官は少し違う。
とはいえ、警察業務に関わるなら率先してルールを守り規範となる態度を示すべき立場。
一人の自覚のない職員のおかげですべての警察職員や警察官、警察そのものの不信感に繋がる。
警察という業務に関わるなら厳しく自分を律しなければならない。

●それは、有料サービスのお店に行ってしてください
56歳もの警察庁職員として、あるまじき行為で、あまりに身勝手です

●まったくお恥ずかしいやつだ
こいつのために同僚のまじめな警察官も嫌な気持ちでいるのが
かわいそうだ

●どこで触ったかなんて問題じゃない。

●本来犯罪者を捕まえる側の人間がこういうことを行うと、住民も安心して暮らすことができないのではないでしょうか?

●公務員でお金もたくさん稼いでるはず
そういうお店に行って処理したらええのに