スポンサーリンク

N国党(NHKから国民を守る党)立花孝志氏がマツコ・デラックスの発言を批判…番組に突撃でマツコ降板か!?

ニュース

日々話題の尽きないN国(NHKから国民を守る党)ですが、タレントのマツコ・デラックスが発したコメントに立花代表が激怒したことにより、新たな火種が生まれています。

マツコ・デラックスのコメントについて賛否両論ありますが、一体今後どのように発展していくのでしょうか。詳しくみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

そもそもN国(NHKから国民を守る党)とは?

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

NHKから国民を守る党(※通称N国党)とは、

元NHK職員であり、NHKの不正経理疑惑を週刊文春に告発して自主退職した後にフリージャーナリストとして反NHK活動に携わってきた立花孝志氏が代表を務める日本の政治団体。

放送法に基づくNHKとの契約義務・受信料徴収・予算といった問題点や、「電通などの関係機関との癒着がある」「NHK職員は犯罪件数が際立って多い」等の主張を掲げ、受信料支払い拒否の促進、引いては放送法改正による契約義務の撤廃を目指すとしています。

2019年7月の参院選においては比例代表で1議席を獲得。また、選挙区で擁立した候補者の得票率が2%を超えたために政党要件を満たしました。

 

最近ではタレントのマツコ・デラックスが発したコメントに立花代表が激怒したことが火種となり、波紋を呼んでいます。

 

 

スポンサーリンク

事の発端は番組「5時に夢中!」

 

事の発端となったのは7月29日に放送された番組「5時に夢中!」の中でのマツコデラックスの発言です。

 

 ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろうな

 この人たちが本当にこれだけの目的のために国政に出てそれに税金払われたら、受信料もそうだけどそっちのほうが迷惑

 宗教的な感じもあるんだと思うんだよね、“NHKをぶっ壊す教”みたいな。ちょっと気持ち悪いし、この人(立花氏)も気持ち悪い

こういったN国党を侮辱・批判したかのような発言が取り沙汰され、このことに対し立花孝志代表が次のように反論しました。

自分に対しては構わない、しかし党に投票してくれた有権者をバカにするのは許せない

マツコデラックスといえば毒舌キャラで人気を博しているタレントです。これまでも様々な案件に対して鋭い意見を述べられてきましたが、今回は特に過激発言の印象でした。

タレントさんの発言は影響力も強いため、その発言は責任を持つこともしばしば…

有権者を巻き込んだ発言は控えるべきだったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

N国代表立花孝志氏「マツコをぶっ壊す」発言!?

 

スポーツ紙の取材を受けた立花氏は「マツコをぶっ壊す」と激怒し、「公共の電波で投票してくれた人の気持ちを侮辱するのは許されない」と、集まった聴衆に大演説を行いました。

同時に立花氏は抗議の様子を同局のスタジオ前からYouTubeで生配信しています。

 

 

立花氏とマツコデラックスの対面が実現することはありませんでしたが、立花氏は「来週もまたここに来ます。」と予告、最後に「マツコデラックスをぶっ壊ーす!」と叫び支援者に訴えました。

 

 

スポンサーリンク

マツコデラックスが5時に夢中!を降板か!?

 

番組終了後にはマツコについて報道陣に対して「パニックらしい。番組を降りるそうです。間違いを認めたということ」と発言していましたが、実際のところどうなのでしょうか?

 

この立花氏の発言について、局側は「降板はありません」と否定しているようです。

とはいえマツコデラックスが今後収録で局へ訪れる際には立花氏が改めて突撃する可能性が非常に高く、マツコデラックスにとって非常にやりにくい状況になっているのは確かです。
スポンサーリンク

これに対する有名人の反応

 

メンタリストのDaiGoが12日、自身のYouTubeチャンネルに動画をアップし、見解を述べました。

N国党のマツコさん批判に【隠された恐るべき3つの戦略】

DaiGOは「マツコさんはかなり立場が不利だと思います。」と発言し、「一番やっちゃいけないことをやっちゃったかな」とマツコの戦略ミスを指摘しました。

また、「政党として掲げている目標の是非は置いといて」と前置きしつつ、「立花さんのすごいところは、マツコさんが今まで使ってた戦略を逆手にとって、それを自分が使うことでマツコさんが使えないようにしてるんですよ。これはすごい。」「手法は第一級の政治家だと思います。」と立花氏を評価するシーンも見られました。

その他、高須クリニックの高須院長もTwitterでコメント。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
「立花孝志先生に申し上げます。僕は日本では言論の自由が認められていると信じております。不快な言論に対する抗議も自由です。しかし営業中の仕事場にアポイントもなく押し掛け妨害する自由までは認められないと存じます。僕がマツコさんの立場なら迷わず警察に通報します。間違っておりますか?」
と、立花氏に不快感を示した。
スポンサーリンク

ネットの声は?

 

ここまでこの一件について追ってきましたが、一般視聴者の声はどちらに傾いているのか気になりますよね?

案外半々で意見が分かれているような印象を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだTwitterでは論争が続きそうな感じです。

個人的には、マツコさん側にも立花さん側でもない中立で見ていますが、立花さんはそういった否定意見も聞いた上でさらに良い政治を目指して言ってもらいたいなと思っています。

ブログで稼いでみたい人へ

なぜこんなブログを書いているの?

答えは単純に「稼げるから」です。

1日たった数時間、ブログに今日のニュースや出来事を記録するだけで月に10万円以上の金額が私の口座に入ってきます。

このブログに少しでも興味を持ってもらえたなら、私のLINE@に登録してみてください。
ちょっとだけブログの秘密について教えますよ。

ニュース
スポンサーリンク
ROZEO-NEWS.com