スポンサーリンク

織田信成 モラハラしたの誰?内容は?関西大学監督退任の理由を嘘ででっち上げ!

スポーツ

織田信成さんの関西大学アイススケート部の監督兼コーチの退任したことが話題になっています。

公式に発表されている織田信成さんの退任理由は「多忙」とされていますが、

実際の理由には嫌がらせやモラハラがあったとのこと。

どうやら大学内の誰かによる嫌がらせがあったそうですね。

何故こんなことが起こったのか、そして、モラハラとはどんな内容だったのか。

調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

織田信成 監督退任の報道について

まずは、実際の報道について見ていきましょう。

この報道が大きくなったのは、織田信成さんのブログが更新されてから。

30日にブログを更新され、多忙を理由アイススケート部の監督を退任したことを否定。

「リンク内で私に対する嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになった」

と主張されています。

これに対して関西大学は「指導法をめぐって意見の相違があった」と説明するも、モラハラなどは無かったと主張。

現在、関西大学と織田信成さん側は真っ向から対立しています。

実際に急に関西大学アイススケート部の監督を辞することになり、理由が分からない人たちにとっては批判的な声もあったようです。

それこそ「任期途中で投げ出すのは織田さんらしくない」「多忙ってホント?」といった声も。

しかし、ブログでの発信をきっかけに、そのようなモラハラが発覚。

 

本人不在の状況で話し合いが行われるなど、どうも大学側の対応がおかしいように思いますね….

 

スポンサーリンク

関西大学がモラハラ隠蔽か?

さて、ここで気になってくるのは、被害を主張しているのが織田信成さんだけということになります。

そして、大学側は今回の織田信成さんの退任理由が「多忙で監督としての時間が取れない」為としています。

どうも、モラハラのような事を公にしたくない取った意図があったように感じられますね。

 

ちなみに、大学側の主張では、「織田信成さんの辞任を引き留めた」といった意味合いで「やむなく本学として了承することになった」といったコメントがありましたが、これもウソということになりますね。

 

また、驚くべきことに、Fridayの方には途中で監督を放り投げた織田さんを批判するような記事もあります。

これは織田さんの対応が酷いことを根回しされたようにも感じますね。

 

しかし、織田信成さんの人柄はテレビでも有名。

途中で監督職を放り投げる人では無いですし、優しくも芯のある性格を持ちます。

このブログでの告発によって、大学側の嘘と思える事実が明らかになり、織田信成さんを追い出したい何かしらの意図があったように感じられました。

 

スポンサーリンク

織田信成 モラハラしたの誰?内容は?関西大学監督退任の理由を嘘ででっち上げ!

さて、ここからが本題となります。

では織田信成さんは関西大学アイススケート部において、どのようなモラハラ・嫌がらせを受けたのでしょうか。

そして、それらの行為は誰から受けたのか?

 

テレビの報道によれば、どうやら織田信成さんはアイススケート部のコーチの一人から繰り返し”精神的苦痛”を受けていたとされています。

関西大学アイススケート部は、大学職員による顧問、そして副顧問が上に立ち、その下に、織田信成さんを含むコーチ3名とスタッフがいるとのこと。

選手は50名いて、男子が17名、女子が33名いるようですね。

 

この織田信成さん以外のコーチ2人のどちらかからモラハラを受けていたそう。

しかし、そのコーチの名前は公開されていません。

カンタンに特定されそうな感じもしますが、やはり事実確認ができてないとされているため、情報は出ていないようです。

同時に、モラハラの内容も公開されていません。

 

発覚次第追記していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

織田信成 モラハラまでの経緯まとめ

2019年4月

織田信成さんが関西大学アイススケート部で嫌がらせやモラハラを受けたとされています。

これにより、以降、辞任するまでの3ヶ月間リンクに行く事が出来なくなったそう。

2019年7月1日

織田信成さんと関西大学の間で話し合いに発展。

ここでは弁護士も踏まえて話し合いが行われたそうですね。

話し合いの内容としては、

  • 指導方法等に関する強い要望
  • 背景に嫌がらせやモラハラがあった

ということも伝えた様子。

これに対して関西大学側が調べて報告をあげるという事で結論に至ったそう。

しかしそこから2ヶ月待ちましたが、誰がどのように調べているのかわからず、また結果報告もなかったと。

2019年7月3日

話し合いの2日後に関西大学側は調査を開始したとされています。

しかし、結果として嫌がらせやモラハラは無かったと主張。

ここまでをまとめると

<織田信成さん側>

  • 2カ月たっても調査内容が分からず報告なし
  • 辞意を伝えたところすぐに承諾された

<関西大学>

  • 報告内容と体調を考慮してタイミングをはかっていた
  • 休養を提案するなど引き留めた

 

2019年9月

織田信成さんが監督辞任を発表しました。

 

スポンサーリンク

織田信成 モラハラについてひとこと

これらの報道を見ている限りでは、大学側が織田信成さんの要望を聞くのが面倒になり、

コーチから嫌がらせやモラハラを受けていることも無かったことにしようとして

事を進めていた….ようにも感じられますね。

 

実際に織田信成さんを引き留めていたのであれば、そういった意図は無かったということも信じられます。

しかし、織田信成さんのお話しでは、そんな態度ではなく、辞めることを伝えるとすぐに承諾。

とても誠意ある対応だったとは思えませんね。

どちらかと言えば、はやく辞任しろ…といった態度を取っていたようにも感じられます。

しかも最終的には学長に謁見しようとしたところ、「1カ月先までスケジュールが埋まっている」との理由で会えなかったそう。

少しの話し合いの機会さえ設けられることは無かったようですね。

これはひどい。

 

大学全体として、意見を言ってくる人は追い出そうという姿勢なのでしょうか。

ブログで稼いでみたい人へ

なぜこんなブログを書いているの?

答えは単純に「稼げるから」です。

1日たった数時間、ブログに今日のニュースや出来事を記録するだけで月に10万円以上の金額が私の口座に入ってきます。

このブログに少しでも興味を持ってもらえたなら、私のLINE@に登録してみてください。
ちょっとだけブログの秘密について教えますよ。

スポーツニュース
スポンサーリンク
ROZEO-NEWS.com