陳征容疑者 顔画像や動機は?準強制わいせつの疑いで逮捕

ニュース

東京都新宿区歌舞伎町で17歳の女子高校生に薬物を混ぜた飲み物を飲ませ、わいせつな行為をしたとして、中国籍の会社員・陳征容疑者が準強制わいせつの疑いで逮捕されました。

 

警視庁によると、陳征容疑者は今年8月、新宿区歌舞伎町で17歳の女子高校生に薬物を混ぜた飲み物を飲ませ、抵抗できない状態にした上で、下半身を触るなどわいせつな行為をした疑いが持たれています。

 

女子高校生は陳容疑者にヨーグルト飲料などを飲まされ気分が悪くなったと話していて、尿からは睡眠導入剤の成分が検出されました。

 

陳征 顔画像や動機は?準強制わいせつの疑いで逮捕

報道されている情報から、簡単に陳征容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:陳征
  • 年齢:32歳
  • 住所:不明
  • 職業:野村アセットマネジメントの社員

陳征容疑者の画像はこちらです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 

陳征容疑者睡眠薬の成分を含ませた飲み物を飲ませて意識を朦朧とさせて自分の車に連れ込み下半身を触るなどしました。

 

17歳の女子高生と陳征容疑者はツイッターを通じて知り合い、女子生徒は出会ってすぐに陳征容疑者から飲み物を飲むよう促されたということです。出会ってすぐに飲み物を飲むように促していますから、わいせつな行為に及ぶことを最初から狙った計画的な犯行で、やましい気持ちで女子高生に会ったと考えられます。

 

調べに対し、陳征容疑者は「身に覚えがありません。」などと容疑を否認しているそうです。警視庁は、陳容疑者のスマートフォンの記録などから他にも数人の女性が被害にあった、同様の事件を少なくとも5件、繰り返したとみて調べています。

陳征 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

野村グループの社員の男が、女子高校生に睡眠薬の成分を含ませた飲み物を飲ませて意識をもうろうとさせ、下半身を触るなどしたとして警視庁に逮捕されました。

準強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、野村アセットマネジメントの社員で、中国籍の陳征容疑者(32)です。

陳容疑者は今年8月、東京・新宿区歌舞伎町の路上で埼玉県の高校2年の女子生徒(17)に睡眠薬の成分を含ませた飲み物を飲ませて意識をもうろうとさせ、自分の車に連れ込み下半身を触るなどわいせつな行為をした疑いが持たれています。

2人はツイッターを通じて知り合い、女子生徒は出会ってすぐに陳容疑者から飲み物を飲むよう促されたということです。

警視庁は、陳容疑者が同様の事件を少なくとも5件、繰り返したとみていますが、取り調べに対し、陳容疑者は容疑を否認しています。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

陳征 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

東京都新宿区歌舞伎町の路上です。

陳征 逮捕の事件について

睡眠薬を混ぜた飲み物を女子高生に飲ませてわいせつな行為に及んだ陳征容疑者。

現在、SNSでは簡単に知らない人とたくさんの情報を共有したり会話を楽しんだりすることができます。その中でSNSを通して、ネットの世界で実際に知り合った人と現実の世界で会うことができ、実際にそのようにネットの人物と会ったことのある人が増えていることと思います。しかし、安易にネットで知り合った人と会うのは危険が伴い、今回の事件はその一例だと思います。SNSで知り合った人と実際に会って怪しい飲み物を飲まされてわいせつな行為に遭った、SNSの情報だけでその人物を判断せずにしっかりと自分の保身のためにも、警戒心を解かずに気をつけることが大切だと思いました。

 

陳征容疑者には自分の犯した罪をしっかりと反省してほしいです。

陳征 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●去勢も罰則に入れていいと思う

●全ての犯罪における処罰を強化すべきだと思います。また、外国人に日本の常識など通用しません!これからますます増えるであろう外国人犯罪において厳罰化は必須だと思います。

●知らない人について行かない、会わない、接触するリスクを子供に説明しないといけない世の中になりましたね。
海外でもそうですが、飲み物を勧められても飲まないことも大切ですね…

●学校や親は子供にもっと疑うことを教えた方がいいと思うよ。今の子はSNSで話したらそれだけで友達だと簡単に信じてしまうようだから。

●今回は睡眠薬で済んだからまだよかったけど、中国とかベトナムとかパキスタンとかの人にとっては殺してレイプしてばらばらにして捨てるなんてのは日常のことだから日本人は防衛策を考えないとやばいよ。

●今の時代、交流のひとつの手段でネットだから悪という意識は変わっていってほしい。
どんな出会いだろうと、悪いことはしてはいけない