スポンサーリンク

首里城火災 延長コード画像や使用実態が酷すぎる!観光客が火災前に撮影で画像は?

ニュース

首里城火災の原因は延長コードと報道されています。

どうやら熱で溶けた後があったとのこと。

配線に使われていた延長コードなどに、熱で溶けた跡が数十箇所あったそう。

実際に出火に繋がったショートの跡かどうかは不明のままですが、その扱いはかなりひどいものだったようですね。

首里城火災 動画ツイート特定!撮影は関係者で反日?@subaka1010のアカウントの持ち主は?
首里城火災の内部での動画が拡散されている様子。 ネット上では犯人や原因の憶測が広がっていますが、動画が拡散されているとなると、撮影した人物が気になってきますよね。 なぜこの動画が撮影できたのでしょうか。 詳しく見ていきます...
スポンサーリンク

首里城火災 延長コードが原因?解けた後が見つかる

今回の首里城火災において、首里城正殿の北東部にて見つかった配線と延長コードの一部から「溶けたショート痕」のようなものが数十カ所見つかったと発表されています。

現在のところ原因はその延長コードのショートが火災につながったものと見られていますね。

公開されている火災前の北東部屋の画像イメージがこちらです。

出典:https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1022120.html

 

また、首里城関係者が正殿内部のLED照明について「スイッチを入れたままだったかもしれない」と証言していることも分かりました。

火災当時はブレーカーは落ちていました。しかし、延長コード側のブレーカーは通電したままだったとか。

 

関係者によれば、延長コードは今年2月以降に設置され、正殿裏手に位置する御内原エリアが開園したことから、正殿内の順路が変更。

これにより、間に合わせによって、足元を照らすための措置として使用されていた様子。

 

スポンサーリンク

首里城火災 延長コード使用実態が酷すぎる!観光客が火災前に撮影で画像は?

そして、首里城火災において延長コードが原因とする声が相次ぐ中、延長コードが撮影された動画がネット上にアップされていました。

その動画がこちらです。


動画にあるように、確かに延長コードを使用して、LEDライトに接続されていますね。

その付近には絨毯の様なものが敷かれていました。

更には、段ボールや傘なども見られます。

もし延長コードから出火したとなれば、これらのモノが発火したと考えられますね。

 

スポンサーリンク

LEDライトを設置した人物が気になる

では、これらのLEDライトを設置したのは誰なのでしょうか。

現在のところネットでは責任者探しが発生しているようですね。

 

スポンサーリンク

首里城火災の原因は延長コード!報道詳細

沖縄の世界文化遺産・首里城の火事から1週間となった7日、那覇市消防局が会見を開き、電気の配線に使われていた延長コードなどに、熱で溶けた跡が数十か所、見つかったことが新たにわかった。

出典:https://news.livedoor.com/

上記は那覇市消防局が11月7日午後に

調査の途中経過について会見を開いたことによって明らかになっています。

 

出火元とみられる正殿の北東部分で、電気の配線や照明用に使われていた延長コードに、熱で溶けた跡が数十か所、見つかったということだが、出火につながるショートの跡かどうかは不明で、出火原因の特定には至っていないという。

出典:https://news.livedoor.com/

 

ただし、これが出火元であるかどうかの確証は得られていない様子。

ショート痕が見られることと、出火元がこの正殿の北東ということで位置は間違いなさそうなので、可能性はかなり高いように思いますけどね。

ブログで稼いでみたい人へ

なぜこんなブログを書いているの?

答えは単純に「稼げるから」です。

1日たった数時間、ブログに今日のニュースや出来事を記録するだけで月に10万円以上の金額が私の口座に入ってきます。

このブログに少しでも興味を持ってもらえたなら、私のLINE@に登録してみてください。
ちょっとだけブログの秘密について教えますよ。

ニュース
スポンサーリンク
ROZEO-NEWS.com