加賀美啓太 顔画像や動機は?法廷内で警察官を殴り逮捕

ニュース

神奈川・横浜地方裁判所で開かれていた自分の刑事裁判の最中に、隣に座っていた警察官の顔を殴ってケガをさせたとして、加賀美啓太容疑者(51歳)が逮捕されました。

 

警察によると、住所不定・無職の加賀美啓太容疑者は18日、横浜地裁で器物損壊事件の被告として裁判に臨んでいる最中、隣に座っていた警察官の顔を殴り、全治1週間のケガをさせたとして、現行犯逮捕されました。

 

調べに対し、加賀美啓太容疑者は「記憶にありません」と容疑を否認しています。

 

加賀美啓太 顔画像や動機は?法廷内で警察官を殴り逮捕

報道されている情報から、簡単に加賀美啓太容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:加賀美啓太
  • 年齢:51歳
  • 住所:不定
  • 職業:無職

加賀美啓太容疑者の画像はこちらです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 

警察は加賀美啓太容疑者が横浜地裁で開かれていた自分の刑事裁判の内容に不満を覚えて犯行に及んだ可能性があるとみています。

 

加賀美啓太容疑者は、10月2日に開かれた裁判でも、隣に座っていた男性刑務官(29歳)の右頬を、メモ用に持っていた鉛筆で刺してケガをさせたとして、現行犯逮捕されていました。

 

加賀美啓太容疑者は法廷内で突然隣にいた警察官を殴ったり、所持していた鉛筆で刺すなど、非常に気性が荒く、衝動的に行動へ移すことに何の躊躇いがない、常識が通用しないような人物かと考えられます。

 

事件についても「記憶にありません」との供述をしていますので、罪の意識や人を傷つけたということにも自己中心的で他人を思いやる気持ちが一般の方に比べ、大きく損なわれているような印象を受けました。

 

加賀美啓太 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

神奈川・横浜地方裁判所の法廷内で、18日、被告の男が、突然、隣にいた警察官を殴り、現行犯逮捕された。

無職の加賀美啓太容疑者(51)は18日、横浜地裁の法廷内で、器物損壊事件の被告として、被告人席に座っていた際、隣にいた男性警察官(46)の顔を殴り、軽傷を負わせたところを、別の警察官に現行犯逮捕された。



加賀美容疑者は、検察官に求刑を伝えられた直後、突然、殴りかかったが、調べに対して、「記憶にありません」と容疑を否認している。

加賀美容疑者は、10月2日にも、公判中に男性刑務官(29)の頬を鉛筆で突き刺すなどして、現行犯逮捕されていた。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 

加賀美啓太 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

神奈川県横浜地方裁判所です。

 

加賀美啓太 逮捕の事件について

器物損壊事件、10月2日に刑務官の頬を鉛筆で刺す、そして10月18日に法廷内で警察官を殴るなど現在明らかになっている3つの事件から、加賀美啓太容疑者はかなりの凶暴さと人へ危害へ加えることの愚かさを兼ね揃えていることがわかります。

 

10月2日・10月18日と同席していた警察官と刑務官が被害に遭っていますが、法廷内では加賀美啓太容疑者をしっかりと拘束しておくなど、何かしらの処置は取ることはできなかったのでしょうか。被告席では手錠などの拘束具を外さなくてはならない決まりがあるらしいのですが、2度も加賀美啓太容疑者は刑務官と警察官の方へ危害を加えています。しっかりと拘束をしておけば、被害にあわれる方がいなくて済んだのではないのかと思いました。

 

加賀美啓太容疑者は自身が犯した罪と向き合うことができるのでしょうか。気になるところです。

加賀美啓太 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●昔から言いますよね。
目には目を
歯には歯をと。

●根っからの犯罪性…絶対シャバに返しちゃいけない外道です…

●こんな凶暴で必ず何かやるだろうと分かってる犯罪者でも、被告席では手錠と腰縄外さなきゃならないからな。警護の職務、ご苦労様です。

●超法規的措置で手錠を外さんことやな。勿論後ろ手錠や。

●一度殴られる痛みを味あわせてやった方がいい。

●こういう害になる人間はどうやっても更正しないと思う。