長谷川敬史 顔画像や動機は?痴漢し線路に降り逃走したとして慶大生を逮捕

ニュース

電車内で女性に痴漢をした上、線路に降りて逃走したとして、警視庁北沢署は22日までに、東京都迷惑防止条例違反と威力業務妨害の疑いで、慶応義塾大1年長谷川敬史容疑者(20歳)を逮捕しました。

 

逮捕容疑は電車内で女性に痴漢をした上、線路に降りて逃走したとして、警視庁北沢署は22日までに、東京都迷惑防止条例違反と威力業務妨害の疑いで、慶応義塾大1年長谷川敬史容疑者(20歳)を逮捕しました。6月11日午後7時45分ごろ、京王井の頭線下北沢―明大前駅間を走行中の電車内で、女子大学生(19歳)の尻を触ったほか、同駅のホームから線路に降りて逃走し、電車を緊急停止させるなどしました。

 

同署によると、長谷川容疑者は女子大学生に手首をつかまれ、明大前駅で降ろされたが、振りほどいて逃走。発進しようとしていた電車は線路内の点検などで約8分間運転を見合わせました。駅周辺などの防犯カメラの映像を分析したところ、長谷川敬史容疑者の自宅が判明したそうです。

長谷川敬史 顔画像や動機は?痴漢し線路に降り逃走したとして慶大生を逮捕

報道されている情報から、簡単に長谷川敬史容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:長谷川敬史
  • 年齢:20歳
  • 住所:杉並区上高井戸
  • 職業:慶応義塾大学 1年

長谷川敬史容疑者の画像はこちらです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

長谷川敬史容疑者は慶応義塾大学に通う1年生、20歳の大学生。

 

調べに対して長谷川敬史容疑者は「きれいな人がいたので興味を持った」「逮捕されると思って線路に飛び降りて逃げた」などと容疑を認めているということで、女子大学生(19歳)の容姿が長谷川敬史容疑者の好みだったため手が出てしまった、自身の性的欲求を満たすために痴漢に及んだと考えられます。

 

「逮捕されると思って線路に飛び降りて逃げた」など痴漢は罪だということを長谷川敬史容疑者は重々承知した上で及んだと考えられ、線路に飛び降りてまで逃げたのは、女子大学生に手首をつかまれ、明大前駅で降ろされたことで、切羽詰まって冷静な判断ができなかったためでしょう。

長谷川敬史 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

慶応大学生の男が、電車内で痴漢行為をしたあと、駅のホームから線路に飛び降り逃走し、電車を止めるなどした疑いで、警視庁に逮捕された。

慶応大学1年・長谷川敬史容疑者(20)は2018年6月、東京・世田谷区の京王井の頭線明大前駅で、ホームから線路に飛び降りて逃走し、電車を緊急停止させ、業務を妨害した疑いが持たれている。

長谷川容疑者は、電車内で痴漢行為をして、被害者の女子大生(19)に手首をつかまれ、明大前駅で降ろされていた。

警視庁の調べに対し、長谷川容疑者は、「警察に捕まると思った」などと話し、痴漢行為についても認めているという。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

 

長谷川敬史 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

京王井の頭線 下北沢―明大前駅間を走行中の電車内です。

長谷川敬史 逮捕の事件について

女子大生を痴漢しただけでなく、線路に飛び降りて逃げた長谷川敬史容疑者。慶応義塾大学に通う1年生で長谷川敬史容疑者のご家族はご子息がこのような犯罪に足を踏み入れてしまったことに深く悲しんだことでしょう。まだ20歳と若く、学生生活を満喫するはずだったのでしょうが、非常に残念なこととなりました。

 

今回の長谷川敬史容疑者による痴漢事件や他の慶応義塾大学生によるわいせつ事件など、慶応義塾大学生による事件が近頃目立っており、慶応義塾大学に通う学生たちはそのことに関して不満抱いているでしょう。とても不憫に思います。

 

被害に遭われた女性の心のケアはもちろん、慶応義塾大学に通っている学生たちにも安心して大学生活を送れるようになってほしいです。

長谷川敬史 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●線路に逃走した方が、余計に罪を犯して確実に捕まるでしょうに。

何と言うか、往生際が悪く潔くない
だから痴漢なんてするんでしょうが…

●捕まらないと思う方がおかしい。
偏差値は高いかもしれないけど、常識が低すぎたな。

●大って学費がけっこう良い値段ではなかった?
今後は慶応の学費を無駄にするかわりに、京王の損害額を支払うわけか。

●井の頭線は女性専用車両もないし、沿線に高校があるので可愛い女子高生が多く乗っていて痴漢が多い、と聞いたことがある。
今回の被害者は、女子大生だけどね。

●本人の問題だがここまで人生のレールをひいてくれた親御さんが気の毒…

●慶応生、不祥事続きだね