小橋浩二 顔画像や動機は? 母子3人死亡事故 キャリアカー運転手逮捕

ニュース

兵庫県加古川市の加古川バイパスで起きたトラックや軽乗用車など4台が絡む

玉突き事故で、兵庫県警高速隊は26日、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)

の疑いで最後尾のキャリアカーを運転していた自動車運転手、小橋浩二容疑者(50)

=岡山市東区益野町=を逮捕しました。

「ブレーキをかけたが間に合わなかった」と供述しており、県警高速隊は

事故の詳しい状況を調べているとのことです。

事件を詳しく見ていきたいと思います。

小橋浩二 顔画像や動機は?母子3人死亡事故 キャリアカー運転手逮捕

報道されている情報から、簡単に小橋浩二容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:小橋浩二
  • 年齢:50歳
  • 住所:岡山県岡山市東区益野町
  • 職業:トラック運転手

小橋浩二容疑者の画像は公開されていません。

  出典:https://headlines.yahoo.co.jp

トラック運転手である小橋浩二容疑者だが、いつごろからこの仕事を始めたのかどうか

はわかっていません。

小橋容疑者は、「追突事故を起こしたのは間違いありません」と容疑を認めているとのこと。

しかし、一方で調べに対し、「前が止まるとは思っていなかった」と話しているといいます。

この事故が発生する前にすでに渋滞が起きていた、とのことですが、前の車が低速に

なっていたら予測がつきそうなものです。

トラック運転手は長時間運転するものであったり、意外と体力と集中力がいるもの。

小橋容疑者も例外ではなく、ちょうど集中が切れる時間帯で油断していたのではないか

と思われます。

小橋浩二 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

25日午前、兵庫県の国道2号線・加古川バイパスで、大型トラックなど

4台が絡む玉突き事故が起き、トラック2台に挟まれた軽自動車に乗っていた

姫路市の衣笠佳奈さんと、長女の咲羽ちゃん、長男の蓮士ちゃんが死亡した。

その後の調べで、警察は、最後尾のキャリアカーが、停止していたトラックに

追突したなどとして、キャリアカーを運転していた岡山市の小橋浩二容疑者(50)

を過失運転致死傷の疑いで逮捕した。

小橋容疑者は調べに対し、「前が止まるとは思っていなかった」と話しているという。

最前列の大型トラックの運転手は、「渋滞が発生していた」と話していて、

警察は、引き続き、事故が起きた経緯について詳しく調べている。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

小橋浩二 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

〒675-0011 兵庫県加古川市野口町北野

小橋浩二 逮捕の事件について

死傷者5名という、なんとも痛ましい事故。

そのうち、今回犠牲者となったのは若い母親と幼い子どもたちです。

本人たちも、まさか一番後ろにいる車が原因で追突されるなど夢にも思わなかったこと

でしょう。

そして残されたご遺族のお気持ちを考えるととてもいたたまれません。

事故が起こった現場はバイパスということもあり、比較的景色があまり変わらないと

考えられます。だからこそ、人の集中力も落ちてしまうものです。

車で仕事をするトラック運転手だからこそ、その点をしっかりと認識して仕事に

あたってほしいものだと強く思います。

今回亡くなった命はどうやっても戻ることはありません。

車を運転するのは現代ならほとんどの方が行うもの。

一瞬の判断が最悪の事態を招く、ということを改めて心に刻むべきだと思いました。

小橋浩二 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●  大型のトラックとぶつかったら
軽自動車なんて、こんな簡単に潰れてしまう…

大通りで周りをトラックに囲まれたら、どこをみてもトラックしか見えなくて、めっちゃ怖い。

なぜブレーキが間に合わなかったのか…調べればいろいろと見えてくるだろうけど
大型車を運転するとき、自分の乗っているものがどれほど危険な乗り物か…しっかり意識して安全運転をしてほしい。

なんならトラックと普通車の道分けてよ、って思うくらい怖いときもある。

●  携帯電話をいじりながらのトラックの運転手が未だに多くいる。
バスの運転手みたいに、会社のロッカーで預かる対策も視野に入れていかないと後を絶たない。

先ずは厳罰を国で規制するべき!

●  キャリアカーに2人も乗っててどっちもぶつかるまで気付かなかったのか。
助手席の人でも気付いて大声を出せば運転手もブレーキ踏むとか道路脇にはみ出すとかしたのかな…
そう思うと残された遺族の気持ちは計り知れない。
車を運転するということは人を殺せる凶器を操っているということを肝に命じて運転しよう。

●  私の場合子供が産まれてから、子供達をちゃんと大人になるまで育て上げる事、休日には出来るだけ楽しく過ごさせてあげる事ばかり考えて毎日働いたり家事をやったりしていると思う。子供が全員亡くなり、人生のパートナーの結婚相手も亡くなったら、これからどう生きていけばいいのか分からない、正に絶望だと思う。旦那さんや祖父母の気持ちを考えると他人の自分でも悲しすぎて…。こんな事故自分が注意しても防げない。これから道路で大型車に前後挟まれたら恐怖を感じるだろうなぁ…。

●  毎日、トラックの追突事故の報道が後を絶ちません。プロドライバーとして追突事故は絶対起こしてはいけない事故です。前を見ていないでどこを見て運転しているのでしょうか。そんな人がひとたび事故を起こしたら大惨事になる大型車両を運転して良いのでしょうか。業界ももっと危機感を持たないと悲惨な事故が無くならないと思います。

本当にトラックの運転には
迷惑な危険運転が多い
高速でも トラックには速度制限があるにも
関わらず
安全運転しているドライバーを
煽る 高速道路を利用する度に
トラックにビクビクしている
後ろにビッタリと付け煽りや
幅寄せまでして嫌がらせをする
事故を誘発するかの様な運転手が多い
あんな異常な運転手は
大型の凶器に乗っている様なものだ
危険運転は重大な犯罪として厳罰化して欲しい