荒井祐輝 顔画像や動機は?妻の死体を川に捨てた…11月自ら捜索願

ニュース

北海道三笠市で妻とみられる遺体を山中に捨てたとして

39歳の男が逮捕されました。男は妻の殺害についてもほのめかしているという。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、

岩見沢市のブドウ農家・荒井祐輝容疑者(39)です。

荒井容疑者は先月2日ごろ、三笠市内の山中に別居中だった妻の

智恵さん(36)とみられる遺体を捨てた疑いが持たれています。

スポンサーリンク

荒井祐輝 顔画像や動機は?妻の死体を川に捨てた…11月自ら捜索願

報道されている情報から、簡単に荒井祐輝容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:荒井祐輝
  • 年齢:39歳
  • 住所:岩見沢市
  • 職業:ブドウ農家

荒井祐輝容疑者の画像は現在公開されていません。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

荒井祐輝容疑者と亡くなった妻の智恵さんは別居中でした。

荒井容疑者は先月5日、

「妻が帰ってこない」と警察にウソの捜索願を出していましたが、

話のつじつまが合わず警察が追及したところ

「川に向かって捨てた」と遺棄を認め、18日、遺体の一部が発見されました。

荒井容疑者は妻の殺害についてもほのめかしていて、

警察は殺人の容疑も視野に調べているそうです。

荒井容疑者と妻との間で何かトラブルがあり、

殺害、遺体を遺棄することに至ったのでしょうか。

別居中とのこともあり、2人の仲は険悪なものだったのかもしれません。

スポンサーリンク

荒井祐輝 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

北海道・三笠市の山中に、妻とみられる遺体を捨てたとして、岩見沢市の39歳の男が逮捕された。

18日、遺体の一部が見つかったのは、規制線から100メートルほど先のところだが、19日午前10時ごろから捜索が始まっているが、19日はかなり範囲を広げて捜索が行われている。

脇には川が流れていて、男は、遺体を川の方へ投げたと話しているが、川のそばは急斜面で、かなり雪深く、捜索は非常に厳しいものとみられる。

この事件は11月2日ごろ、三笠市の山中に遺体を捨てたとして、岩見沢市清水町の荒井祐輝容疑者(39)が、死体遺棄の疑いで逮捕されたもの。

警察によると、荒井容疑者は11月5日、妻・智恵さんの捜索願を出したが、18日になって、妻の死体を川に捨てたなどと供述したため、現場を捜索したところ、一部白骨化した、遺体の一部が見つかった。

警察は、遺体は妻の智恵さんとみて身元の確認を急ぐとともに、捜査本部を設置して、くわしく調べることにしている。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

荒井祐輝 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

三笠市内の山中に遺体を遺棄しました。

スポンサーリンク

荒井祐輝 逮捕の事件について

妻の死体を川に捨てたとして逮捕された荒井祐輝容疑者。

妻と荒井祐輝容疑者は別居中だったということですが、

2人の間に一体何があったのでしょうか。

妻の智恵さん、ご家族は無念に思われたことでしょう。

詳しい事件の全貌が明らかになることと、

荒井祐輝容疑者が自身が犯した罪の重大さをしっかりと理解し、

悔い、深く反省されるといいですね。

スポンサーリンク

荒井祐輝 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●夫婦不仲…人それぞれの理由があると思います。
実際に自分も決して仲睦まじい方ではないです。
この記事を見た方で、何故離婚しなかったのか?って思う方たくさん居ると思いますが、実際離婚して問題が解決するのってなかなか難しいし、本人はそこまで考える余裕なんて無いと思う。
しかし、1番してはいけない事をしたのは事実。
罪を償ってほしい。
御冥福をお祈りします。

 

●夢枕に立たれて耐えきれなくなったか…

 

●なんか自己中心で狭いところで生きてきたんだなあと感じる容疑者。

妻と暮らすのが嫌なら離婚したらいいのに、そうしないで殺すということは、離婚となったら自分が不利で有責で慰謝料を払う立場だからだろう。

妻の捜索願いを出したら警察に事情を聞かれるのは当たり前で容疑者自身もそれはわかっていただろうが、その際簡単に警察を騙せると思っていたのだろう。
自己中心な考えや物言いを今まで無理にでも通用させてきた人か、世の中は自分の都合の良いようになっていると思い込んでいる人だと思う。

 

●川に向かって捨てたって物じゃないだからさ、別居中か、奥さんが別れたいのになかなか夫が離婚に判子押してくれないから口論になり殺害したのかな。
あくまでも推測なので。

 

●こんな親の元に生まれてきた子供がかわいそすぎる