スリムクラブ 稲川会の誕生日参加とフライデー。北島三郎の新年会にも参加?

スリムクラブの闇営業が話題になっていますが、どうやらその営業先がフライデーによって明らかになったようですね。

どうやら相手は稲川会と呼ばれる指定暴力団の幹部であるとのこと。

稲川会の幹部のSという人物の誕生日パーティだったとか。

詳しく見ていきます。

スリムクラブ 闇営業は稲川会とフライデー。

まずは、今回のスリムクラブの闇営業先。

フライデーによる報道では相手は稲川会と呼ばれる指定暴力団とされています。

誕生日パーティのゲストとして呼ばれたとされていますが、稲川会の幹部となる人物Sの誕生日会だったようですね。

Sという人物は以下のように紹介されています。

「Sは稲川会の最有力団体の本部長(ナンバー3)を務めている人物で、今年4月に稲川会の六代目に就任した内堀和也会長の側近中の側近。年は40代半ばですから、若手の出世頭ですよ。10代後半から稲川会に所属するバリバリのヤクザですが、Sの一番の”ウリ”は経済力。川崎(神奈川県)の繁華街をシマ(縄張り)にしており、さまざまな”ビジネス”でメチャクチャ儲けていると聞きます」(暴力団関係者)

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

ツイッターでも紹介されていて、

以前にタピオカビジネスで反社会勢力へ資金がながれているという話がありました。

その団体が稲川会との噂もあります。

ただ、このような反社会勢力からの仕事を

事務所を通さずに受けたこと自体、スリムクラブに問題があったのではないでしょうか。

果たしてスリムクラブは実際にお金が欲しくてやったことなのか、それとも吉本興業と話し合った結果、闇営業という形で行われたのか。

北島三郎さんも稲川会に関りが?

北島三郎さんと言えば、毎年新年会をされているということでも有名ですよね。

以前に新年会の費用は1000万超のお金がかかっているとの話もありました。

一般的に後輩歌手やテレビ、音楽関係者を集めて。。。とされています。

その中では呼ばれた人はお年玉50万円がもらえるとか。

その北島三郎さんは毎年稲川会の新年会で歌っていたというタレコミがありました。

調べてみると、2011年にNEWSポストセブンが

以下のような記事を出していました。

 今、北島三郎を紳助の次に危ない演歌歌手とする見方が広がっているが、田岡とひばりのレベルから見れば、恒常的なつながりとはいえそうにない。北島は原譲二の別名で作詞、作曲も手掛けている。稲川会の幹部には演歌ファンやカラオケ大好き人間が多く、自ら新曲を吹き込んでCDを出し、知り合いに配る幹部さえいる。

北島はこうした幹部たちに原譲二などの名で詞や曲を提供し、おまけに稲川会のテーマソングとされる「神奈川水滸伝」も歌っている。同曲はもともと稲川聖城総裁(故人)をモデルにした『修羅の群れ』(映画での主人公は松方弘樹)の主題歌で、稲川会の式事ビデオなどにも多用されている。

出典:https://www.news-postseven.com/

稲川会の幹部には演歌好きが多いようです。

そのため、仲良くしている可能性もあるでしょう。

新年会がどのような人がお金を出し、どのように行われているかは定かではありませんが、こちらも反社会勢力との関りがあることは確かなように感じます。

ちなみに、新年会のものと思われる動画も見つかりました。

こちらです。

吉本興業が決意表明

今回の事務所所属芸人の闇営業や反社会勢力との関りを受けて、

吉本興業は以下のような決意表明を出しました。

スリムクラブ 稲川会との関りにネットの反応

ネット上では様々意見が飛び交っていますね。

これは確かに思いますよね。

吉本興業の運営に問題があるように思います。
そもそも所属芸人へのギャラが低すぎるから
このようなことが起こるとも言えます。
吉本興業は

ギャラの9割を取られるというのは有名な話ですね。

スリムクラブが稲川会と関係を持ったのは

どうやら二人が飲み歩く六本木だったそう。

スリムクラブが他の振り込め詐欺グループに関与した芸人とは処分の重さが異なるのは、こういった理由があったんですね。

コメントする