スポンサーリンク

わたし定時で帰ります 動画4話ネタバレ!考察や感想も!

わたし定時で帰ります

TBSの”わた定”こと【わたし定時で帰ります】のドラマ4話が放送されましたね。

どうやら今回は視聴率も前回より上がっていて、仕事の効率化の話のようですね。

 

今回は【わたし定時で帰ります】の4話あらすじや感想、そして、次回の予想について紹介していきたいと思います。

 

ドラマ【わたし定時で帰ります】の直近のネタバレは以下からご覧ください
1話2話3話4話
5話6話7話8話
9話10話

 

スポンサーリンク

わた定 4話の動画あらすじ感想は?桜宮が怪しい?【わたし、定時で帰ります】

会社に住み着く社員?

東山結衣(吉高由里子)は、残業をしないことがモットーのウェブディレクター。

 

ある日、結衣が所属するウェブ制作会社『ネットヒーローズ』制作4部の部長・福永(ユースケ・サンタマリア)が、常務の丸杉から、吾妻(柄本時生)がサービス残業を頻繁にしていると指摘を受ける。

 

福永から調べるよう言われた副部長の晃太郎(向井理)は、部署の児玉(加治将樹)らから結衣と一緒に話を聞き、吾妻が深夜のオフィスで自宅にいるかのように過ごしていることを知る。

 

吾妻はいったん退社の手続きをしたあとでオフィスに戻り、深夜までダラダラと仕事をしたり寝袋で寝たりする毎日を繰り返していたのだった。

 

福永に呼び出された吾妻は効率の悪さを指摘され、吾妻のせいで常務に目を付けられたとヒステリックに責められるが、反省の様子もなく改善しようとしない。

 

チームの面倒をキチンと見ていないと結衣まで叱責されてしまう。

 

可愛い派遣さんに嵐の予感

大手スポーツメーカーの案件に総力をあげる結衣のチーム。吾妻も加わり、さらにヘルプとして派遣デザイナーの桜宮(清水くるみ)が参加する。

 

桜宮は以前、結衣の婚約者・巧(中丸雄一)が働く会社に在籍しており、結衣のことも知っていると言う。

 

実は巧のインスタに桜宮の姿を見つけて内心気になっていた結衣だが、契約終了する際の送別会のときのものだと言われて一安心した。

 

メーカーとの打ち合わせに初めて吾妻も参加するが、やる気の全く見えない態度に終始。また福永から叱責されてしまう吾妻。

 

一方で明るく良く気がつく桜宮は、誰とでも話せて仕事もでき、チームにすぐ馴染んだ。

 

吾妻も自身の作ったページを褒められて、桜宮のことが気になり出す。

 

定時で帰れる結衣のチームに入れて嬉しいと言う桜宮と一緒に帰るため、定時で帰るようになった吾妻だが、その分タスクが遅れがち。

 

桜宮にいいところを見せたい吾妻は自ら結衣に効率アップの指南を頼み、前向きに働き出す。

 

結衣はプライベートも充実するが

ある日、たまたま福永と二人になったタイミングで、巧との結婚について根掘り葉掘り聞かれてしまう結衣。

 

そこに晃太郎がはち合わせ、結衣は巧との結婚を晃太郎にも報告することになる。

 

元カレとして少し複雑な顔を見せながらも祝福する晃太郎だったが、足早に席を外した。

 

結衣は休日に、巧と新居探しに出かける。

 

巧が探してきた物件は綺麗で広く、家賃も高め。しかし巧は、人生のうち家で過ごす時間はとても長いから大事にすべきと言う。

 

晃太郎に結婚の報告をしたことを巧に伝えると、過去に結衣がつき合っていたことを知っている巧は安心したようだった。

 

結衣は、これからも巧と色んな話をして、美味しいものを食べたいと笑う。

 

ある日のオフィスで、吾妻は仕事のためと言い訳しながら、女性を食事に誘うにはどうすればいいかと児玉たちに訊ねる。

 

吾妻が桜宮を気にしていることはもはや知れ渡っており、メンバーは桜宮のために苦手なコミュニケーションを取ろうとする吾妻に感心する。

 

仕事終わりの桜宮を追いかけるため、手早く仕事を終わらせた吾妻は、桜宮を食事に誘うことに成功した。

 

しかし、二人でですか?と無邪気に聞く桜宮に、思わず結衣を引っ張り込んでしまう。

 

結衣はネット友達の愁(桜田通)に店探しを頼み、三人でレストランへ。

 

良い雰囲気の二人だが、吾妻が上昇志向の桜宮の勢いに押される場面も。その帰り、桜宮を見送った吾妻は、「もういいや、なんか疲れた」と結衣にこぼす。

 

トラブル発生で吾妻は逆戻り

翌朝、吾妻は半休を取ると行って出社しない。

さらに昨日、吾妻が手がけたページにミスが見つかり、結衣と晃太郎はフォローに追われるはめに。

 

出社した吾妻は福永に厳しく叱責され、完全にやる気をなくして元通りのだらけたスタイルに戻ってしまう。

 

プレッシャーをかけすぎたと後悔する結衣に、先輩の賤ヶ岳(内田有紀)は、変われたのは良いこと、あとは沼からどう抜け出すかだと励ます。

 

吾妻が一人残る深夜のオフィスに顔を出した結衣は、どうして帰らないの?と吾妻に訊ねた。

 

自分には夢や目標もないし、アパートに一人でいるよりはマシだと答える吾妻に、私たちには給料日があるよと笑う結衣。

 

やりたいことがなくてもこれから見つかるかもと言う結衣は、毎日定時で退社して好きなことをするのが自分の幸せ。人生の使い方なんて人それぞれだと思う、と言って帰って行った。

 

ある日、定時で退社して行きつけの中華料理店でビールを飲む結衣は、突然現れた晃太郎にびっくり。

 

過去に何度も一緒に来ていた晃太郎に、結衣との婚約解消のいきさつを知っている店主や常連客が騒ぐなか、晃太郎は吾妻が早めに退社したことを結衣に教えてくれた。

 

晃太郎は、また仕事に戻ると言いながら、仕事しかない自分はこれでいいんだろうかと自嘲気味につぶやく。

 

そして店を出た晃太郎は、桜宮をタクシーに押し込む福永を目撃したが、そばにいた結衣は気づいていなかった。

 

スポンサーリンク

わた定 4話の感想!桜宮が怪しい?

今回は、会社に住み着くダメ社員、吾妻(柄本時生)がメインの回でした。

 

オフィスのデスクにフィギュアを飾りまくり、常にヘッドホンをして他の社員とのコミュニケーションも取らず、ただただマイペースに仕事をする吾妻さん。

 

うーん、どこの会社にも一人は居そうな感じですねー。

仕事ができないわけではなさそうなのに、そのスタイルはもったいない!

でも本人も誤解を受けるのをわかっていてやってそうですよね。

それを残業として申告せず、サービス残業にしているところが多少はマシ?

いやいや、会社側からすると一層扱いにくいかも知れません。

 

たまたま今回、可愛い派遣さんの登場で吾妻さんの気合いが入りましたが、恋愛の発展と作業効率が比例しちゃうのは社会人として危険すぎます。

 

しかし、ラストの方で明かされた吾妻さんの気持ちに共感した人も多いのでは?

 

夢も目標もなく、家に帰ってやりたいことも何もない。それならダラダラでも仕事をしていたほうがマシ。

 

前向きな人と話すとどこか落ち込み、向上心のある人が眩しくて、自分と比較してしまうこと、誰にでもありそうですよね。

 

突然、桜宮(清水くるみ)さんに興味を失ったように見えるのも納得。

吾妻さんは、そんな自分を隠そうとしない、ある意味勇気のある人なのかも。

 

そして今回、残業ゼロを目指す結衣の、効率アップの方法が放送されましたね。

どんな感じなのか興味があったので嬉しい!

 

①デスク回りを整理整頓

デスクで探し物をするのは時間のムダ

②その日のタスクを見える化

デスクトップやポストイットを使うなどして作業を目に見えるようにし、優先順位を意識する

③時間を区切る

それぞれの作業に使える時間を決める。タイマーなどを使っても良し

 

こんな感じでした。

どれもわかっていてもなかなか出来ないことなので、あらためて結衣は有能ですね。

 

前の放送でも、はじめにポストイットに書き出したタスクがずらっとパソコンに貼られていて、タスク完了ごとに1つずつ剥がし、1日の終わりには空っぽにしていく様子がありました。

 

これ、きっちり定時に空っぽにできたら、めちゃめちゃ気持ち良さそうですねー。

 

やり終えてきちんと充実感を感じられるのが長続きの秘訣なんでしょうね。

お仕事だけでなく、家事や勉強でも使えそうなテクニックです。

 

スポンサーリンク

わた定 5話の予想!

次回は、桜宮さんに関するセクハラ行為が取引先なども巻き込んで大問題になりそうです。

 

派遣さんであるために、強く拒否できなかったりするのかな?

女性の多い結衣のチームにとって、大きなトラブルになりそう。

 

また、少しずつ距離が縮まりだした晃太郎との関係も気になります!

 

ドラマ【わたし定時で帰ります】の直近のネタバレは以下からご覧ください
1話2話3話4話
5話6話7話8話
9話10話