ブログを始めてみたい!そんな方はこちら!

わたし定時で帰ります 動画8話ネタバレあらすじ感想!仕事より大切なモノ私の人生最高の選択

わたし定時で帰ります

TBSの”わた定”こと【わたし定時で帰ります】のドラマ8話が放送されましたね。

今回のタイトルは「仕事より大切なモノ私の人生最高の選択」ですね。

今回は【わたし定時で帰ります】の8話あらすじや感想、そして、次回の予想について紹介していきたいと思います。

 

ドラマ【わたし定時で帰ります】の直近のネタバレは以下からご覧ください
1話2話3話4話
5話6話7話8話
9話10話

 

スポンサーリンク

わたし定時で帰ります 8話の動画ネタバレあらすじ!

まさかの審査通過

ウェブ制作会社・ネットヒーローズで働く東山結衣(吉高由里子)は、残業ゼロで定時に退社するのかモットーのウェブディレクター。

 

同業他社で働く婚約者の巧(中丸雄一)との同居も順調でプライベートも充実。定時で上がって行きつけの中華料理店・上海飯店でビールを飲むのを楽しみに毎日頑張っているが、部長の福永(ユースケ・サンタマリア)が持ち込んできた新規案件に振り回され始めていた。

 

星印という大手企業のサイトリニューアル案件だが、その予算は相場の半額程度しか取られておらず、通常なら受けるはずのない仕事だった。

 

しかし、星印側の担当者・牛松(金井勇太)がネットヒーローズのメインバンクの頭取の息子であることが判明し、手を回した福永によって案件は社内審査を通過してしまう。

 

喜色満面で審査に通ったことを発表した福永は、結衣の先輩・八重(内田有紀)をチーフに指名。結衣の元カレで現上司の晃太郎(向井理)は、結衣と三谷(シシド・カフカ)にもフォローを頼む。

 

結衣は審査がなぜ通ったのか、審査した管理部の石黒(TKO木下)に尋ねる。

 

役員から圧力があったこと、サイトリニューアルだけでなく運用の仕事まで取れれば赤字を免れることができることを聞き、是が非でも成功させるよう言われてしまう結衣。

 

そんななか、八重の夫・陽介(坪倉由幸)から、母親が倒れ帰省すると八重に連絡が入り、八重は双子の子供の世話とチーフの仕事を一手に引き受けることになる。

 

巧の母がアポなし訪問

チーム総出で星印との打ち合わせに訪れた結衣たちだが、向こうの出席者は牛松のみ。

 

晃太郎が何とか作り上げてきたコストダウンと運用までの方策を、上がいないので…と返事することもできない。

 

ですよねー、じゃあまた次回、と話を畳もうとする福永に、晃太郎は上司の帰社を待ちますからと告げ、しっかりと星印の確約を取って戻ってきた。

なんとか一息つく結衣たち。

 

そんなある日、結衣が帰宅すると、巧の母(清水よし子)が、マンゴープリンが美味しくできたから~と突然の訪問。

 

「仕事はいつやめるの?」と無邪気に訊ねられ戸惑う結衣だが、仕事をやめるつもりはない、巧さんとも話し合って決めましたと伝える。

 

働いた経験がなくずっと専業主婦だったという巧の母は、働く女性に憧れていた、応援するから頑張ってと明るく話してくれ、結衣はホッとする。

 

しかし、そのことを伝えた巧は、別に暮らせるなら働かなくてもいいよねーと笑い、お金のためだけに働くわけじゃないと思う結衣は少しの違和感を感じてしまう。

 

相変わらず、牛松しか参加してこない打ち合わせに焦りを感じる結衣と八重。

 

星印からの返答がないためスケジュールが遅れつつあることを牛松に伝えるが、牛松は困り果てたように俯くだけ。

 

そのフォローに追われ、思うように仕事ができない八重の様子が気になる結衣に、八重のカバーはおれがする、お前は無理すんな、と告げる晃太郎だった。

 

仕事と家庭、追い詰められる八重

八重の家で家事の手伝いをする結衣は、陽介が実家の熊本に帰りたがっていることを聞く。

陽介は八重に今まで通りこちらで仕事を続けていいと言ってくれていると言うが、八重は迷っていた。

 

結婚は、家族は、相手の人生もすべて背負うこと。家族が大変なときにバラバラになってまで仕事を続ける意味はあるのか、わからなくなっていたのだ。

 

その時、一緒に八重宅に呼ばれていた巧は、2人の会話から今も晃太郎が結衣を気づかっていることを知る。

 

一方、残業中の晃太郎のもとに、手みやげを持った福永がフラリと現れる。

 

チームの現状をまったく理解せず、みんなに朝活させてはどうかなどと暢気なことを言い晃太郎を困惑させるのだった。

 

そんな中、八重のもとに、納期を一週間早めてほしいと牛松から連絡が入り、八重は混乱。

 

そもそもスケジュールが押している現状で、なんの決定権も持たない牛松だけが担当では厳しすぎる、牛松の上司にも打ち合わせに出てもらうよう頼んで欲しいと福永に訴えるが逃げられる。

 

納期のことは自分が交渉しておくから、と晃太郎が請け負うが、八重は頭を抱えてしまった。

 

巧とのケンカ、晃太郎はどうする?

同僚に結婚のことを祝ってもらった巧は、元カレと一緒に働いているのを許すなんて心が広いですねーなどと冷やかされる。

 

帰宅した巧は結衣に、働き続けるのは晃太郎がいるからかと絡んでしまい、2人は口論になってしまう。

 

晃太郎とは終わった、私が好きなのは巧だよと一生懸命訴える結衣だが、わかってもらえず家を飛び出して上海飯店へ。

 

店のママにグチりながら酔いつぶれてしまった結衣は、目覚めるとなぜか会社にいた。

 

偶然店を訪れた晃太郎が、背負って連れてきてくれたのだ。

 

こっそりオフィスを抜け出して帰宅した結衣は、巧と謝りあって仲直り。しかし、わだかまりを感じないわけには行かなかった。

 

休日、双子を公園に連れてきた八重に突然、福永から電話が。

 

星印の牛松の上司・磯貝とのゴルフに付き合えと言われ、戸惑っていると、突然陽介が帰宅してくる。

 

結婚記念日だから、と帰ってきてくれた陽介に感動した八重は、やはり陽介について行くことを決意した。

 

月曜に出社して、自分の決断を真っ先に結衣に伝えた八重。

 

 

結衣は「どっちを選んでも先輩はかっこいい、私は先輩を応援します」と八重を力づけ、その勢いのまま、休職願いを出して福永に責められる八重をかばってチーフを引き継ぐと宣言してしまった。

 

 

そしてその後、福永に呼び出された結衣は、「定時で帰るチーフではチームが成り立たない。君は種田くんのためにもっと頑張るべきじゃないの」と意味深に告げられる。

 

どういう意味ですかと聞き返す結衣に、福永はなぜ晃太郎が会社をやめたのか、何も知らないんだねと言うのだった。

 

スポンサーリンク

わたし定時で帰ります 8話の感想

今回はとりあえず、晃太郎がカッコ良すぎた件ですね!

 

お前は無理すんな、と突き放すようで実はめちゃめちゃ優しい晃太郎のセリフ。お仕事の話をしながら急に元カレ感出されたら、ドキッとしちゃいますよね。

 

さらに酔った結衣を見つけてちょっと慌てるとことか、おんぶとかー!

 

いやいや、こんな上司いたら好きになりますって。しかも巧とはケンカ中(笑)

 

お仕事もかなりピンチな場面ですが、晃太郎を推しているファンの皆さんはそっちのけでキュンキュンされたことでしょう。

 

そして、本題のお仕事の件。

前回で心配された通り、無理としか思えない案件が審査に通ってしまいました。

 

会社側は予算も人員不足もわかったうえで、なんとか赤字にならないよう運用まで取ってこいと結論したようですが、それって仕事増えてませんかね(笑)

 

しかも、そのフォローに人手を出すわけでもなく。

 

うーん、そこも大丈夫ですよーと福永さんが安請け合いしたのでしょうか?

 

案の定、八重先輩が抜けそうってなっただけで回りきらなくなりそう。

 

まさに、結衣が言っていた、不測の事態に対応できなくなるという状態です。

 

チーフが抜けるとなるとキツイのはわかりますが、そういう時のプランも持っておくのが部長のお仕事では、と言いたくなりますね。

と言うか、福永さんがやればいいのに。

 

来週予告、ついに結衣が「私も残業します」と宣言しましたね。

福永さんが明かした晃太郎のことが影響したのか、仕事がどうにも回りきらなくなってしまったのか。

どっちもかも知れないですね。

いよいよ最終章、見逃せません!

 

スポンサーリンク

おわりに

以上、わたし定時で帰ります8話のネタバレあらすじ感想についてまとめてみました!

 

ドラマ【わたし定時で帰ります】の直近のネタバレは以下からご覧ください
1話2話3話4話
5話6話7話8話
9話10話

 

ブログで稼いでみたい人へ

なぜこんなブログを書いているの?

答えは単純に「稼げるから」です。

1日たった数時間、ブログに今日のニュースや出来事を記録するだけで月に10万円以上の金額が私の口座に入ってきます。

このブログに少しでも興味を持ってもらえたなら、私のLINE@に登録してみてください。
ちょっとだけブログの秘密について教えますよ。

わたし定時で帰ります
スポンサーリンク
ROZEO-NEWS.com